残暑厳しい北八甲田を周回

9月3日(土) 朝5時起床で、八甲田に向かう。

この週末の天気は、地元の秋田県北部は概ね晴れだったが、青森県では日曜日に雨マークが付いていた。お隣の県の天気はイマイチ読めないので、雨マークのない土曜日を選んで出かけた。

朝6時には出発し、時間の節約のため高速道路を利用する。下り口の黒石IC付近から案内板に「キリ注意」の文字・・・。登頂時には晴れることに期待して先を急ぐ。

黒石ICを降りて、八甲田に向かう394号の交差点にあるローソンを最後にコンビニがなくなるので、食料を調達して酸ヶ湯公共駐車場に入ったのが、7時50分頃。

準備を整えて8時過ぎに登山を開始する。

八甲田山 [山行記録] – ヤマレコ

移動距離 : 11.58km
山行時間 : 5時間16分
休憩時間 : 36分
合計時間 : 5時間52分

だそうです。

大岳を過ぎて稜線に出てからはガスも晴れて眺めも良くなり、満足のいく山行でした。もう少し体作りしないといけないなぁとも・・・

下山後の温泉はど定番の酸ヶ湯温泉をさけ、ホテル城ヶ倉にしました。入浴料1000円とお高い。でも、14時30過ぎで先客は1人とゆっくりできたのでよかったな。注意点は水風呂が八甲田の清水を使っているのか、オニのように冷たい! 30秒と浸かってられません・・・。

八甲田山近辺の温泉は、酸ヶ湯温泉とホテル城ヶ倉を除いて、外来入浴が15時までと早いので、たまには酸ヶ湯以外にという場合には山行計画を早めスタートかコースを検討する必要がありますね。

帰りは松傘峠のガスガスのなかを奥入瀬〜十和田湖経由の下道で帰宅。これは、奥入瀬にある松見の滝に行ってみたいので、駐車場やは入り口を確認したかったから。

松見の滝 – Wikipedia

奥入瀬渓流は混んでますねぇ。星野リゾートとかすごい車がいっぱいでした。高くて宿泊できませんw

また、奥入瀬渓流も台風10号の影響で濁流となっていて、清流のイメージには程遠かったです。

次回は、紅葉と百名爆を求めて、松見の滝、往復18kmのロングトレイルの予定。