八幡平 湯ノ沢で初の野天風呂を体験

前回の記事で、次は奥入瀬渓流の紅葉を見に行くとしていましたが、調べてみると奥入瀬渓流の紅葉は10月下旬と1ヶ月以上先だったので、その前にどこか連休中のどこかで(世間的に連休というだけであって、ボクが連休だったわけではない・・・)出かけようと思ったわけです。

天気予報から9月17日(土)に狙いを定め準備をしました。場所は久しぶりの八幡平方面で、山頂周辺か後生掛温泉〜焼山コースで迷いましたが、絶景を期待できる天気でもなさそうだったので、焼山コースから湯ノ沢で野天風呂を体験してみることにしました。

後生掛~焼山~湯の沢~後生掛 [山行記録] – ヤマレコ

移動距離 : 11.32km
山行時間 : 4時間22分
休憩時間 : 1時間35分 !!
合計時間 : 5時間57分

後生掛温泉ならウチから1時間なので、朝も比較的ゆっくりでいいと思っていたら、友人から4時過ぎに連続LINEで起こされる・・・「おはよう」じゃねーよ!

湯ノ沢で足湯をしながらお昼を食べたあと、有名な野天風呂スポットで入浴かとも思ったが、あまりに登山道の隣過ぎるので、どこか他に入浴できそうなところがないかウロチョロして、登山道から影になっている場所でチャレンジしてみたが、熱くて長湯できない・・・やはり有名スポットはホースまで用意されてるだけあるんだなと・・・。

湯ノ沢で遊びすぎたせいで、雨になってしまった・・・いつも通りの休憩時間なら雨をかわせたかもしれない。

雨にもやられてたので、下山後は後生掛温泉で温まってから帰宅。