週末ハイク 森吉山と八幡平 畚岳

10月15日(土)16日(日)は久しぶりの快晴予報で、暖かいということだったので、これは紅葉を見に行くしかあるまいと思い出かけてきました。

当初は15日だけで、16日は道具のケアや Ubuntu 16.10 のインストール(まだ、やってませんがコレはまた別の記事に)をしようと思っていましたが、どうにも天気が良すぎたので急遽出かけることにしました。出発が遅くなったので駐車場の確保の都合などで軽く散策する程度になってしまいました。

10月15日(土)森吉山 こめつがコース

紅葉情報を検索していたら「見頃」となっていたので今期二度目の森吉山を選択。夏とは別のコースを巡ります。

森吉山 こめつがコースのはず? [山行記録] – ヤマレコ

移動距離 : 13.58km
山行時間 : 5時間13分
休憩時間 : 1時間12分
合計時間 : 6時間33分

朝6時に出発して、途中のコンビニで食料調達して登山口のある、こめつが山荘の駐車場に着いたのが7時過ぎ。この時点で3〜4台が停まっていた。先発組と小屋泊り組がいたと思われる。

天気と雲海は最高で、スキー場跡を登っている時や経由地である一ノ腰からは、雲の上に岩木山や八甲田山を見ることが出来た。紅葉の方はもう少しといった感じだった。

前日までにルートを作成していたが、登り始めから頂上には向かっているが予定したルートと違うところを歩いている・・・登山口もひとつだったし分岐なかったから合っていると思っていた・・・。同じ頃に登り始めた宮城からのダンディも「ココか?」みたいになっていて、結局二人でルートを確認しながら、というか違うことを確認しながら山頂まで一緒に登ることになった。

あとで知ったが16日(日)は森吉山ダムでイベントをしていて交通規制があったようで、15日しておいてよかった。

10月16日(日)八幡平 畚岳周辺を散策

八幡平 畚岳周辺の散策 [山行記録] – ヤマレコ

移動距離 : 5.91km
山行時間 : 2時間23分
休憩時間 : 22分
合計時間 : 2時間45分

家を出たのが8時過ぎていたので、あまり長いルートは選択できないということと駐車場の確保が難しいということで選択したコース。

10日は結構散々だったが、今回はさらに紅葉もすすんでいて天気もいい。八幡平は森林限界が低いので標高1200M前後のところが、一番紅葉がキレイになる。

あわよくば大沼のビジターセンターに駐車して夏に歩いた長沼までのコースを紅葉のなかを行こうと思っていたが、案の定、駐車場は混んでいた。当然、山頂駐車場も混んでいるだろうから畚岳に向かった。

大沼手前から後生掛、ふけの湯過ぎまでは見事な紅葉でドライブとしても楽しむことができたのはよかった。途中クルマを停めようかとも思ったが、あまりの混雑ぶりに停車スペースを見つける苦労をするよりはと目的地の駐車場を目指した。

畚岳は360°のパノラマが広がる八幡平でも屈指の眺望ポイント。霞がかってなければもっと良かったのだろうけど、岩手山に森吉山、鳥海山まで望むことができたので満足度は高い。

帰りがけに温泉でも入ってと考えていたが、どこもいっぱいでゆっくりできそうもなかったから、そのまま帰ることにした。その帰り道で事件は起きた・・・冷房までは必要ないけど、少し風が欲しいと外気送風にしていたら、突然の異臭!これはヤツの臭い・・・カメムシだ!!

なんとフロントグリルにカメムシが激突したようで、外気を入れれば入れるほど車内は地獄と化す・・・内循環に切り替え窓を開けてしのぐ。眠気覚ましの刺激としては十分すぎる効力であったとさ。