山登り2年目の追加購入品

昨年山登りを始めてみようかなと書いたとき、Masayannさんからコメントで「冬はどうすんの?」と言われてましたが、まったく何もしてません! 冬道具を安く揃える術をまだもっていませんので、冬はソシャゲってました(爆

ソシャゲにも飽きた(疲れた)し、手持ちの道具でも山に出かけてもよい季節になってきたので活動開始の前に、昨年のわずかな経験を活かして小物類を追加購入しました(まあ、衣類関係は庶民の味方デカトロンやアディダスのアウトレット品まで30%OFFになるセールでちょいちょい買い足しました)。

ペットボトルとスマホをサッと取り出したい

山に持っていく水分は、水1Lとヴァームウォーター500ml、休憩用にお茶系のペットボトル500〜600ml が常です。1度足りなくなったときがありましたが・・・

水は一応ハイドレーションを使っているので歩行中も飲むことができます。お茶は休憩でザックをおろしたときに飲むのでどこに入れておいても問題ありません。歩行中にもちょいちょい飲みたいヴァームウォーターはザックのサイドポケットに入れていましたが、出し入れが面倒でした。

ザックのショルダーベルトに取り付けられるボトルケースがあったほうが良いだろうということで購入しました。ダイソーやらのボトルケースを裁縫素人が細工するよりはるかに安心。価格も手頃。

ダイソーでペットボトル キャップホルダー 購入してみました。

次はスマホです。とりあえずズボンのポケットに入れてましたが、汗もかくし最近のトレッキングパンツは細身なので結構邪魔でした。もっとも昨年までは、5.5インチのZenfone2で大きさもありました・・・で今のスマホは Moto G5 Plus で5.2インチとまたデカイ。ケースも付けたので尚更デカイ。そしてバッテリーの容量が大きくなったので重い。とてもポケットというわけにはいかないので、こちらもショルダーベルトに取付け。

実際の購入は1台収納タイプです。他にもオシャレな有名メーカーのものも有りますがお値段が倍以上(機能も上)というだけでなく、サイズの問題で、こちらに決定。

これで写真をとったりマップを確認するのがラクになるはずです。

ザックのショルダーベルトは左右ともに埋まってしまいました・・・この他にウエストベルトの左にポーチを付けて行動食を入れてます。

ついにまともなゲイターを購入

ウチからの日帰り登山の場合、スタート地点はもちろん森林限界以下なので、朝早いと下草の露でズボンの膝から下が結構濡れてしまいます。そこで昨年はワークマンでとりあえず800円程度のゲイターを買ってみましたが、蒸れる! とにかく蒸れる! 朝露で濡れるのと変わらないという悲惨な状況でしたので、まともなものを購入。

ゲイターとしてはお手頃価格、ボクの購入品のなかでは高級品。ザックよりもトレッキングパンツよりも高い・・・ワークマン以上の性能を期待してやまないのであります。

お守りのようにマルチツール

普段から工具を扱う仕事をしているせいか、手元に工具がないと、なんか不安・・・
LEATHERMAN ( レザーマン ) マルチツール SIDEKICK サイドキック ナイロンケース付き 【日本正規品】 25年保証 LTJマーク入 SDKNこれまでは手持ちのレザーマン サイドキックをザックに入れていましたが、元々「工具」としての機能を重視して購入したのでハサミがないし、お守りにしてはデカくて重すぎる。

また日常でも持ち歩くことがあるので、毎回、登山の度にザックに入れるのも面倒なので、登山用として別に用意したほうがいいだろうと。

日帰り登山の持ち物を見てみると、プライヤーや不要でむしろハサミが使いやすいものがいいと思って購入したのが、レザーマン マイクラ 。レザーマンなのにプライヤーがないというのも違和感がありますが用途を考えるとやっぱりハサミ重視です。

LEATHERMAN ( レザーマン ) マルチツール STYLE CS スタイル シー・エス 【日本正規品】 25年保証 LTJマーク入 STCステンレス製のものもあるようですが、腐食なんかよりも刃のほうが先にダメになって買い替えになりそうなので価格重視です。また、最近はもうちょっとスタイリッシュな レザーマン STYLE CS なんかが人気みたいですが、マイクラのレザーマンっぽい形がすきなんです。

あとピンセットが取り外し式というのが、使いやすいかもしれないけど落としそうということもありマイクラを選択しました。

今シーズン?の目標

晴れの日の日帰り登山というスタイルは変わりませんが、エブリイバンがあるので、少し遠くの山へ車中泊で前乗りしたいと考えてます。

普段、仕事でも使うクルマなのでガッツリキャンパー仕様にするわけにもいかず、荷物の積み込みがラクになるようにマットとシュラフというスタイルになりそうです。あとは窓に銀マットで目張りとクーラーボックスくらいで、お安くあげたいと思っとります。まあ、この辺は車中泊の先輩でもあるMasayannさん(←記事中2度目の登場)にお知恵を拝借したらなんとかなるだろうと期待。

ただ、近場にまだ行ってみたい山がけっこうあるので、車中泊は予算確保と気分次第になりそうです。

“山登り2年目の追加購入品” への1件の返信

  1. 文中登場のMasayanです。w

    車中泊は行動範囲が広がりより楽しくなるものですが、やはり肝は安眠だと思うのです。ボクのクルマは純正仕様でベッドになりますが(ミニマムサイズ)、今は銀マット、ニトリのマット(3cm厚?)に、シュラフという構成です。しかし、まだ硬すぎて安眠できません。

    ごろ寝マット

    このようなものをニトリマットのかわりに入手しようかと検討中です。他にいいものがあったら教えてください。(逆やがなww

コメントを残す