車中泊用のマットを見繕う(コスパ重視)

山登り2年目、行動範囲を広げるべく前乗り車中泊を考え中。

  • 起床時間は5時以降
  • 日帰りなら移動は2時間まで

という制約があります(謎

そのため移動に3時間以上かかるような所へは車中泊を利用したいのです。

車中泊に使うクルマはエブリイバンで、ボッチ仕様で後席の分割シートの片側分を寝床に当てる予定。

まずは寝床のベースになるマットを選ぶ必要がありますね。

  • エアマット
  • インフレーターマット
  • マットレス

こんなところでしょうか?さすがにコストだけみて銀マットというわけにはいきません・・・

すでに選択肢からはずれているのはエアマット・・・価格と収納性から考えると最有力候補になりそうですが、ポンプという荷物が増えるし、電動ポンプはうるさい、そして、片付けがエア抜いてからと面倒・・・なによりパンクの可能性・・・

インフレーターマットは、お高め・・・もちろんこれにもパンクの可能性はあるが、中身はウレタンなのでパンクしてもエアマットよりはマシなのかな? あとは価格の安さに飛びつくと復元性が悪いとか・・・評価の高いものはやっぱりお値段もそれなり。

残す選択肢は、マットレス。Masayanセンパイ曰く、「銀マット+ニトリの3cm厚マットレスでは硬すぎて安眠できない」とのこと。そして、センパイがこんなん検討してるよという商品は売り切れ中・・・(泣

またニトリには60cm幅のマットはなかったはずなので、ボクの場合は選択肢からはずれますね。

[amazonjs asin=”B00E5VVAJU” locale=”JP” title=”ottostyle.jp 低反発マルチマットレス 60cm×180cm×4cm ブラウン 【低反発1cm+高反発3cm】 (丸めて収納・持ち運びにも便利!) ポータブル ごろ寝 昼寝 災害時 車中泊 マット”]

[amazonjs asin=”B00SCIPCEG” locale=”JP” title=”タンスのゲン パイル生地 ごろ寝マット ポータブル タイプ 車中泊 マルチ マット 災害時 昼寝 【低反発1cm+高反発3cm】 60×180cm 低ホル 専用収納ケース付き ブラウン 13810078 01″]

パイセンが検討中に近いものがこの辺りかな? というか2つ目のやつがそのものぽい。

[amazonjs asin=”B00Z5NO5OO” locale=”JP” title=”ottostyle.jp 高反発マルチマットレス ポータブル ごろ寝 昼寝 災害時 車中泊 マット プロファイル加工 厚さ6cm ブラウン (60×180×6cm) 【高密度ウレタンフォーム使用】【体圧分散】【快適睡眠】”]

こちらは6cm厚でプロファイル加工されている。6cm厚のは評価がだいぶ割れてますねぇ。

いっそマットレスはどうだろうか?

[amazonjs asin=”B01CDZAYJG” locale=”JP” title=”ブリヂストン マットレス 高硬度6つ折マットレス セミシングル(たて180×よこ60cm) ブラック BMS-4660SS(BK)”]

クルマへの積み込みが多少面倒そうですが、惹かれます。

インフレーターを含めまだしばらく悩んでみることにします・・・

2 Replies to “車中泊用のマットを見繕う(コスパ重視)”

  1. ボクのクルマは有効120cm幅なので、1人分は60cmマットレスがいいと思うの。w 最後のブリヂストンが大いに気になります。コスパ重視だとやはりスポンジもそれなりなんですかねぇ?

    評価は気になりますが、自分で使ってみてじゃないとなんとも言えないね。車中泊がメインではありますが、レースの日に試せるので1つ購入してみるかなぁ・・・。

  2. 毎度ありがとうございます^^
    ボクもブリヂストンのマットにしようかと揺れています。

    1cm厚程度の銀マットの上に敷こうかなと考えてます。

    ぜひ人柱を(殴

コメントは受け付けていません。