山登り3年目の買い替え品

山登り2年目の追加購入品 という記事を書いていたので3年目に購入したモノについても記事にしてみます。今回は追加ではなく買い替えです。

買い替えたのは、トレッキングシューズとリュックです。

トレッキングシューズ

※ブラックカラーなら12/2まで15%オフクーポン有り

今まで使っていたアディダスが、シーズン始めにあまりにも泥だらけになり、きっちり洗う必要がでたので、泥を落とした後、コインランドリーのシューズ用洗濯機にぶち込み、シューズ用乾燥機に入れたら縮んでしまった・・・。面倒臭がらず自然乾燥させるべきでした。

この縮みによって、下山時につま先が当たるようになり、痛みもでるようになったので買い替え。

そのままアディダスの現行モデルに買い換えようとも思ったが(とにかく安い!)

岩場での足裏への突き上げがダイレクト過ぎるので、もう少し硬めのソールで、つま先とかかとのホールドもしっかりめのモノにしたかったので、ワイドの出た [サロモン] ハイキングシューズ X Ultra 3 Wide MID GTX メンズ を選択。概ね狙っていた性能を発揮してくれて、足裏もだいぶラクになったが、濡れてる岩でのグリップは、アディダスのAX2の方が良かったように思う。

AX2は縮みのせいで剥がれかったつま先を補修して、雨天時の作業用として活用中です。

リュック

購入したのはブラックです。

これはかなり思い切りました(笑)
11,880円・・・最初に買ったケシュアのリュックが4,290円だったので3倍近い価格差です(汗) こちらもケシュアで同価格帯のもの探したのですが条件に合うものがありませんでした(価格面という条件だけならバッチリですが)。

これまで使っていたのは、30Lのトップローダー式で、背負い心地とか機能としては価格以上で不満はありませんでしたが、使い勝手という点において不満が募るようになりました。

  • 大は小を兼ねるが、移動はクルマ、調理器具は使わない(持ってもいない)の日帰り登山には30Lはあまりにも大きすぎる
  • 持ち物がほぼ決まっている日帰り登山だと、トップローダー式のアクセスが面倒でしかたない

上記の理由から、20L程度のパネルローダー式のモノを探した結果、条件に合ったのが、オスプレー タロン22だった。他にも選択肢はあったが、オスプレーお得意の Stow on the Go という左のショルダーベルトにあるトレッキングポールアタッチメントを使ってみたかったというミーハーな理由も。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください