森吉山・・・汗だくで藪を行く

海の日の連休週は、天気は良かったけど山に行っていないtahatthiです。だって「海の日」だもの!ということではなくプライムデーで張り付いていたからです(汗)

7月の最終週はイベントに取られるので、今しかない!と、7月21日(日)に、これまた恒例の森吉山に行ってきました。

森吉山山頂

GPSログが途中できれてたので、正確にはわかりませんが、だいたい休憩を入れて5時間10分くらいだったと思います。

いつもよりちょっと時間がかかってたと思います。まあ、これにはそれなりの事情がありまして

  • 登りでスキー場跡を選択したら、藪化してるし樹木が濡れてるし暑いしでペースが上がらず
  • 一ノ腰を過ぎて山頂まではペースもコースも快適だったが、下りでやたらと10人単位の団体とのすれ違いで何度も待たされる(なんで団体の方が止まらんのか?と、せめて1グループ5人までにしてくれといつも思う、ぼっちハイカー)
  • 下りも一ノ腰はツライと思って別ルート勘助道へ入るが、さらに藪・・・藪と言うか樹木の葉が垂れ下がって山道を覆う感じ・・・ルートの確認と足元の確認で時間を食う

と、いった感じで非常にツライ思いをしてきました。思えばいつもなら森吉山には6月か遅くとも7月のアタマに登っていたので、これだけ樹木が生い茂ってなかったんですね。整備されてるルートはゴンドラを使う阿仁ルートなんでしょうね。
このいつものボクのコースは6月かあとは秋の紅葉シーズンに使うことにします(笑)

それでもユリの花(なんのユリかはわかりませんw)とか、いろいろ結構咲いていて見ごたえはありましたよ。

木道のまわりはユリが咲き乱れてる
たぶんエゾアジサイ
ソバナ? ツリガネソウ?
モミジカラマツ
サンカヨウ

Google レンズ すげー!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください