秋田駒ヶ岳を巡る

秋田県第一の高峰ではあるけども、最高地点でない、そんな秋田駒ヶ岳を八合目から男女岳のピーク、大焼砂を経由してムーミン谷で癒やされて、男岳への登り返しで撃沈する周回コースです。

予定ではここから戻るつもりだったんだけど、ここまで1時間くらいと少し早かったので、距離を伸ばすことにしました。

ムーミン谷にまだ花が結構残っているらしいということでコマクサも眺めつつ癒やされに行くことにしましたが、ルート選択で悩む。

悩んだ結果、大焼砂を下ってムーミン谷を目指すルート。大焼砂は見晴らしも風通しもよく気持ちいいのだが、ザレ場なので緩やかだけど上りだ蹴り足が流れて非常に疲れる。一方、ムーミン谷から男岳への上りは切り立った急登でこれまた非常に疲れる。

ここからムーミン谷に降りて男岳を目指します。

コマクサがたくさん咲いていましたが群生地をスマホカメラで撮影すると白い点にしかなりませんせんでした。

ムーミン谷のほうはちょっと時期が遅かったかもしれません。

男岳に到着。男岳の鞍部からムーミン谷方面を狙ったカメラマンがたくさんいました。

男岳の阿弥陀池側の斜面はヤマユリが咲き誇っていました。

天気もよく花もまだ結構残っているということで、人出はかなりありました。山ガールにカメラ小僧(共にオーバーエイジ)・・・
八合目に下山した13時30分手前。13時30分発のバスが出るとの呼びかけが有り、補助席になりますけど・・・と追加情報・・・補助席かと思い、次のバス時間を確認すると14時40分!

これは補助席でも乗るしかあるまいと、乗り込んだら普通に2人掛けが空いていて一人で使うことが出来ました・・・2人掛けに一人で座ってるところも多く、知り合い以外はソーシャルディスタンスをいうことなのか?もっともソーシャルディスタンス云々以前から、広大なパーソナルスペースを確保したいボッチが身にしみてるオッサンにはありがたかったですけどね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です