龍泉洞、その後で

まあ、龍泉洞のあとはホントに何も決めてない・・・。自宅までは距離があるので、自宅方面に向かいつつどっかで車中泊して地産地酒と漠然と考えていたのになぜか太平洋へ!

かつての2時間サスペンスに好まれそうな断崖。まあ、三陸沿岸道路の無料区間を使って北上しようかなという思いつきでやってきました。予定では鵜の巣断崖ICから八戸JCTまで北上するつもりでしたが(八戸までいっても岩泉から自宅までとさほど時間は変わらないわけだが・・・)、途中、久慈でトイレ休憩、もっとICから道の駅が近いところというか案内の出ているところもあったけど、久慈行ってみたいじゃないのよ。久慈の12時の時報?は「暦の上ではディセンバー」でした。

ほんとに久慈にはトイレ休憩でいざ八戸に!もうね。八戸まで行くと決めたときから、食材調達はここと決めてましたよ。八食センター !きっちり刺し身と寿司と酒を調達。

八戸と言えば、銭湯のメッカでサウナも豊富ということは聞いてはいましたが、朝がミストサウナで水風呂、外気浴なしだったので、酒の前にはドライサウナをがっちり堪能し満足したい。そうなると、八戸のサウナの情報収集して当たりハズレのギャンブルに出るよりは確実性の高い場所。以前に満足度の高かった十和田市の十和田温泉へ。これで若干、自宅寄りに(笑)十和田温泉はオートロウリュのロッキーサウナ。汗が出まくりです。納得のサウナで宿営地へ!

十和田温泉からほど近い 道の駅 奥入瀬 奥入瀬ろまんパーク どのあたりに「ろまん」があるのかは理解できないが、広い。そして、19時までやってる。大抵の道の駅は17時。せっかくなので奥入瀬ビールを購入。

とりあえず真ん中のサマーエールはお取り置き・・・ほかは飲んだ(笑)ただ、ここの道の駅はトイレまでが遠いので雨の日はおすすめ出来ません。

飲んで爆睡。この2泊、7月の半ばだと言うのに涼しくて快適。早めに飲んで早めに寝るということもあって、日に日に朝が早くなる。遂には4時に目覚めた。それもスッキリと・・・。さてこの時間から帰ってもいいのだが、というかやることもない・・・。そうだ!津軽おのえ温泉 日帰り宿 福家 には朝風呂料金があったはず。6時にはやってるだろう・・・。

道の駅 奥入瀬からは1時間ちょい、ただし朝から峠越え・・・八甲田山酸ヶ湯をスルーして平川市へ。福屋、5時からやってた!しかも、6時15分くらいで、結構な混み具合。そしてサウナは朝からしっかり熱い!朝からいい汗!って実際にはカラダに悪そう(笑)

まあ、本人が満足してるんだからいいじゃないですか。サウナ後は弘前で買物をして帰宅。2泊3日で4入浴(サウナ)の旅でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。