松見の滝で往復20km

今年も行ってきました。3年連続で松見の滝。これまでは10月の末に行ってましたが、ちょっと時期が過ぎてる感じがしたので今年は1週間前倒しです。

前倒ししたけど、落ち葉がたくさん・・・。

渡れないというか、渡ってはいけない吊橋。

場所によっては見応えあり。一回ピーク時を体験したいものです。

滝そのものは、紅葉なくても見応えアリ!ただ撮影のウデに難あり。

巨木の倒木その1

巨木の倒木その2

夏の雨の影響か、倒木や流木が多かったですね。もちろん土砂崩れの後も・・・。整備してもらってありがたいですね。

帰り道。早朝よりは色鮮やかな感じです。

滝の周りをウロチョロしなければ往復19kmになるかどうかの距離です。滝までの谷に降りる道は例年以上に歩きにくく注意が必要でしたね。

下山というか戻ってからは、近場の 森のホテル で入浴とサウナ。温泉は猿倉温泉から源泉を引いてるという、いいお湯です。サウナは遠赤外線で92℃の低めに設定してますよってことでした。確かに92℃設定でしたが、上下の温度差がちょっと激しかったですね。もうちょっと温度ムラがなければ良かったな。

14時半くらいに帰路につきます。最短ルートだと奥入瀬渓流から十和田湖湖畔を通るので渋滞必須。あとは1時間プラスのルートで、八甲田越えも渋滞しそう、弘前周りにするか迷いましたが、渋滞覚悟で最短ルートで紅葉ドライブを選択。

案の定、大型観光バスもガンガン走って、路駐もガンガン、遊歩道のない場所での歩行者に自転車で渋滞の奥入瀬渓流沿いです。

大型観光バスも走らせるならもうちょっと道路整備したほうがいいと思うのよね。大型観光バスはダメというと観光マネーが激減するので交通規制はマイカー規制だけ(今年は10月24日〜1週間のはず)、遊歩道は全部あるわけでもないし、整備してるところもあるけど、新設なのか補修整備なのか・・・全線にあれば運転者も気持ちが楽になるんですけどね。

パトカーも結構、奥入瀬渓流沿いを行き来してるけど路駐を取り締まってる様子はなし・・・これも観光マネーの為か?(笑)

毎回、各種情報で、紅葉が見頃というのを確認してますが、どうにも最盛期にあたってない気がします。ほんと、一度でいいから最盛期に行ってみたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です