ThinkFree てがるオフィスβ版を触ってみる

ソースネクストは5月14日、米ThinkFreeと提携し、オンライン上でオフィススイートを利用可能なサービス「ThinkFree Online」の日本語版となる「ThinkFree てがるオフィス」β版の提供を開始した。正式版は9月にお目見えの予定。

ITmedia エンタープライズ:ソースネクスト、Webベースの無料オフィスソフトを発表 (2007-05-15)

まだβ版ということで完全日本語化というわけにはいきませんが、MS Office2003のインターフェースを踏襲しているので、さほど操作に困るということはありませんでした。

画面はまさにMS Office2003そのものといった感じでパッと見は区別がつかないくらいくらいです(言い過ぎか?)。

今後9月の正式版の登場時には、日本語化の整備、MS Office2007のフォーマットOpen XMLへの対応も図られるとのこと。
その他にも、バナーを削除、ローカルとの同期ができる有料版やパッケージ版も提供される予定だそうです。

確かにMS Officeって高いのでPC購入時に、もうちょっと安ければなぁと思うことが多々ありますね。MS Officeがなきゃメモリ増設かグラフィックカード追加出来るのに・・・と。
そんなときは家庭用でそれ程オフィス系を使わないというのであればOpenOfifce.orgという選択もあるわけですが・・・。

いずれ選択肢が増えると言うのはいいことです。

さて実際の使用感はというますと、「てがる表計算」だとある程度重いのは仕方ないので、そこは置いておいて、やはり何年もMS Officeを何年にも渡ってリバースエンジニアリングしてきただけあって、その互換性はなかなかもモノです。Googleのスプレッドシートよりは遥かに.xlsに忠実でした。

あいにく自分の場合は、出先でファイルを編集するという機会もなければ、共同作業をするという機会もないのでオンラインストレージとしての恩恵を受けることも、MS Officeがない環境に出くわして作業するということもないのでさほど利便性を感じないというのが現状です。普段使うPCにはMS OfficeもOpenOfifce.orgも入っているので、ローカルで作業した方が遥かに軽快ですので。

個人的にはGmalと連携してくれたりしたらうれしいかなと思ったりもします。今のところ、Googleドック、スプレッドシートは「とりあえず確認」くらいしか役に立ってないので・・・。今後Googleが互換性を高めてくればあまり意味ないですけど。

Vista Aero vs Ubuntu Beryl 3Dデスクトップ

先日、Ubuntuの3DデスクトップBerylがカッコイイ!Vistaよりいいんじゃないの?とのたまったので、比較と言うかVistaとUbuntuでの3Dデスクトップを順番に映してるのがあったので観てみました。

[coolplayer]http://youtube.com/watch?v=xC5uEe5OzNQ[/coolplayer]

2ヶ月前のものなのでUbuntuは最新の7.0.4ではないと思いますが、やはりBerylのほうが動きが豊富で楽しいですねぇ。何に使うかはわかりませんがw
仮想デスクトップがあるか、ないかだけでも大分違ってくると思います。
こういうの使ってみてぇ。PCで作業しないで飽きるまで延々とグリグリしてそうです。

Ubuntu7.0.4で画面が真っ黒

昨日オンラインアップグレードでバージョンアップさせてみたUbuntuですが、画面が真っ黒で何も見えず。どうも画面だけがおかしいようで、ログイン画面のはずところで、ユーザー名とPASSを入力(真っ黒の画面ままで)してやると起動時の音楽が流れるので動いていることは動いているようです。

とりあえずCDをダウンロードしてみましたが、やはり画面が真っ黒のまま。次は日本語ローカライズ版でも試してみます。もっともPCがPCなのでインストールしてもあまり使い物にはならないわけですが・・・。

以前にもFedora,SUSEなんかもうまくいかなかったPCなのでUbuntu6.10が動いていたのがレアケースかもしれません。

テキストインストールとか時間あるとき試してみます。

Ubuntu7.0.4インストール中

公開4/19だったんですね。ちょっと勘違いしてまだ先だと思ってました。
日本語ローカライズ版は4/20中に公開とのことです。

イメージをダウンロードしてCDに焼くのは面倒だったので、アップデートマネージャに「Ubuntu7.04にアップグレード」といったようなメッセージがあったので、オンラインアップグレードでインストール中です。ダウンロードはすごく早かったです。
Linuxの場合、新バージョンへはクリーンインストールが基本といわれていますが、オンラインアップグレードで不具合が出ないようになればユーザーも増えそうですねぇ。

日本語ローカライズ版と同じようにするのは後でも出来るはずなので、取り敢えずは最新版に。

Ubuntu Home Page | Ubuntu
Linux for Human Beings — Ubuntu Japanese Team

フレッシュリーダーver.2改修版が公開

ウチではえむもじらさんがループしていました。暫定的対処としてαパッチが出ていましたが、ループは1箇所だけだったので正規版が出るのを待っていました。

Ver2 (2.0.07032300) をリリースしました。更新をまとめます。

マニュアル – フレッシュリーダー – [2007/03/23] Ver 2.0.07032300 を公開 (2007-03-23)

今回の仕様変更でウチに関係があるのは

一部サイトのフィードをクロールした際に日付の変更により同一URLのアイテムを繰り返し通知する仕様を、URLがユニークなIDと判定されたフィードについては日付の変更により繰り返し通知しないように変更

PHP4 で一部のサイトのフィードをクロールするとすべてのアイテムが新規アイテムとして繰り返し通知される不具合を修正

このどちらかかな?これでループが解消されるはずです。ありがとうございました。