今年も大館大文字祭りと真っ向勝負

なんて大げさなものでもないけど、8月16日の同じ日に、灯篭流しと花火をするのでこんなタイトルにしてみました。大文字焼きはウチはありませぬ。

大館北秋商工会というものがありまして、元々は比内、田代、花矢地区(大館市)の商工会が合併した組織です。
その中の旧比内町商工会、現比内支部の青年部が行う送り盆行事がひない灯篭流しです。4年ほど前に10年ぶりの復活を遂げた行事であり、送り盆とういことで8月16日に行われることになりました。
灯篭流しだけでは盛り上がりに欠けるということで花火もあげることにしたわけです。

ところが8月16日は、秋田県北地域の人なら誰でも知ってる大館大文字祭りとかさなってしまうわけです。
まぁあくまで送り盆の行事と言うことであれば近い方に行くのがよろしいかと思います。イベントとしてはやはり大館大文字祭りの方がイロイロありますが、花火の打ち上げの際に、それぞれの花火の説明とともに提供カットが入るので次の花火が上がるまでの間がなんとも長いのがチョットです。
一方のひない灯篭流しの場合は屋台もそれほどないし、灯篭流し(読経もちゃんとしてくれます)のあと20分ほど連続で打ち上げられます。かなり近い位置で見ることが出来るので迫力があり、間髪いれずにあがる花火は迫力満点ですが、時間が短いのでちょっと寂しさを感じたりするかもしれません(それでも、十和田湖の冬物語の花火は15分間だったけど見ごたえあった。まぁ予算も違いますが)。

で、花火上げるにはカネがかかるんじゃい!ってことで花火募金ということで町内にお願いにあがるわけです。今日から開始です。
なんとか地元での知名度は上々になり、今年も頑張ってとありがたいお言葉をいただけるようになりました。昨年からはお願いの範囲を、合併したということもあって大館市の方にもお願いしています。なんせ、そこら辺の家の方だと、家から花火見れちゃうんです。大文字祭りの人ごみに行かなくても済むんです。ってことでご協力してもらってます。

それにしても花火って高いもんですねぇ。毎年思います。
募金のお願いで町内回ったら軽いウォーキングで痩せないかな?と淡い期待を描いてます。まぁ無理でしょう。お疲れといってはビールな方々な集まりですのでね。

generated by feedpath

謎の電話

さっき携帯に、見たことのない携帯番号から着信があった。
日中なら仕事関係かな?とも思うわけですが、夜9時過ぎに掛かってくるとかなり怪しさ満点なわけです。

間違い電話
知人が電話番号を変更して連絡してきた
それ以外は怖いですね。

とりあえず出てみたわけです。「もしもし」と・・・
「しばらくお待ちください。しばらくおまちください。」
って保留じゃないか!
かけてきておいて保留とはなんたる不届きモノか!

でしかたないのでコチラからかけ直しです。
今かけてきたばかりだというのに、中々出ません。

ようやく出たと思ったら
「お~い。なした?」
声で誰かはわかったけど、話しが食い違います。
なにやらコッチから掛けているみたいな・・・
どうやら、おこちゃまが携帯いたずらしてたようです。
結果として電話番号の変更を教えてもらう形になりました。
それしても、変更教えてない中から、よくオレのとこにきたもんだ。しばらく電話してなかったので履歴なんかにもないはずなのに、賢しい童子(さかしいわらし)だこと。

generated by feedpath

SUSE Linux10.1にバージョンアップ

WinとデュアルブートにしてSUSE Linux10を入れてあるだけでほとんどSUSE Linux10を使っていないPCをLinux WORLDの7月号に10.1が収録されていたので、バージョンアップしてみました。

月刊 LinuxWorld (リナックスワールド) 7月号 [雑誌]

インストール手順も結構丁寧に書かれているので迷うことはないと思います。ワタシの場合はすでに10を利用していたので、新規ではなくバージョンアップを選択しました。

しかしバージョンアップだと時間かかるもんですね。依存関係やら削除やらでしばらく時間とられました。
一晩放置しておいて、次の日仕事の合間を見て設定作業をしてみました。上書きなので以前の設定も残っているので比較的簡単に使えるようになりましたが、なんか重くなったような気がします。FC5のときも上書きバージョンアップだと重くなったと感じてクリーンインストールした記憶が・・・まぁこのSUSE Linux10.1は実用機ではないので重くても我慢できますが。

これから遊んでみようと思います。
ちなみにXglなるものをXorgのかわりに使ってみようと雑誌を見て作業してみましたが、オンボードのグラフィックがいけないのかウマク動きませんでした。暇を見てSUSE Linux10.1をインストールしたPCでXglが使えるのかいろいろ試したいと思います。きっとそのことを調べ尽くしたら触らなくなるんだろうなぁ。

feedpath tags: Linux, Open SUSE generated by feedpath

久しぶりのプレイヤー

昨日の日曜日、約1年ぶりでラグビーの試合に出ました。
社会人リーグの1番下のリーグですけど・・・。人手不足のチームなので、2年前くらいからポツポツ召集されていましたが、昨年ついに先輩に正式登録されてました。
高校のラグビー部の活動もあるので毎回ゲームに出れるわけでありません。

高校生と同じ30分ハーフのゲームでしたが、後半は体が言うこと聞いてくれませんでした。
当然ボロ負けw

自分はセンターをやっていたわけですが、寄せ集めのフロントスリーなのでラインディフェンスになりません。頑張ってタックルいってみましたが、もう低いタックルなんて体がついていかないは、ケガしたらどうしよ?明日からの仕事が・・・などと頭をよぎると思い切ったタックルができませんw

アタックは・・・ボールが回ってきません。センターなのに・・・FWからボールが出ませんw1次攻撃でクラッシュすると、クラッシュした人のボディコントールが悪くダウンボールがよくないのと、サポートがオーバーに入らず、すべてピックしようとしてしまう。そのときに絡まれて力負けして相手ボールに・・・オーバーするだけでいいのにとツクヅク。
もちろん自分がクラッシュしたときにはキチンとボール出てますよ。ちゃんとボディコントロールしてますからwでも、起きてみるとディフェンスしてるんですね。ウチのチーム・・・
そしてラインアウトがマイボール確保できません。これ致命的・・・。

勝つことにことしたことはないけれど、自分の納得いくプレーが一つでも二つでも出来るとやっぱり楽しいものですね。とうぜん次の日(月曜日)に打撲と筋肉痛という地獄がまっているわけですが。現在、ロボットのような動きになっています。

feedpath tags: ラグビー, Rugby generated by feedpath

“久しぶりのプレイヤー” の続きを読む

FedoraCore4イストール素人メモ

[amazon]4844321323[/amazon]

ンストールとある程度の設定は、Linux WORLD10月号ですんなり終了しました。と、設定の前にyumでアップデートしました。
結構簡単に出来るもんですね。もっとも、ハードディスク丸々一台でパーティションも自動作成でしたからね。

その後、設定関係はLinux WORLD10月号に特集が組まれていたので良いとして、実際にFC4を利用していく(デスクトップとして)為の参考書として上記を購入しました。

初心者用には、アマゾンの星の数を見てもらっても分かる通り中々のものでした。

個人的にあったらいいなと思ったことと、ちょっとその通りにいきませんでしたよってのをメモ

“FedoraCore4イストール素人メモ” の続きを読む