Ubuntu から Fire TV (Stick) のスクリーンショットを adbコマンドで取得する

Ubuntu 16.04 LTS にしてから、すっかりインストールをするのを忘れていた Fire TV (Stick)用の adbツール”adbFire”をインストールしようとサイトにいったら”adbLink”に名前が変わっていました。

adbLink

まずは adbコマンドを使えるようにしないといけません。

上記コマンドを実行後に”adbLink”を設定して Fire TV (Stick) に接続しようとしたところ、接続できません。

adbLink_012右下の表示が「ADB stopped」になってますね。これが「」ADB running」にならないといけないのですが、いろいろイジクッてみましたが、どうもうまく接続できません。試しに Windows に入れてみたらちゃんと動きます。

“Ubuntu から Fire TV (Stick) のスクリーンショットを adbコマンドで取得する” の続きを読む

Ubuntu で 「プライム・ビデオ」「Hulu」「Gyao」まとめ

今時の動画サービスを利用するなら、なにも PC それも Ubuntu を使わなくてもよくて、Fire TV Stick でも用意すればいいわけです。

Fire TV Stickただし、これですべて解決かというと、これがそうもいかず、Web限定動画があったり、「Hulu」だと字幕の遅延が発生するので、ノートPC から HDMIケーブルで TV に繋いだりするので、やっぱり Ubuntu のブラウザでも視聴できたほうが安心するわけです。

これまで、ブログで個別に視聴状況を記事にしてきましたが、簡単にまとめておくことにします。

“Ubuntu で 「プライム・ビデオ」「Hulu」「Gyao」まとめ” の続きを読む

Ubuntu で Hulu を視聴する

Fire TV StickFireTV Stick を購入して、これで各種ビデオサービスの利用で、ユーザーエージェントの偽装や、字幕の文字化け対策から解放されると思っていましたが、hulu だと字幕の遅延が発生して、とても視聴に耐えられませんでした。また、hulu Gyao ともにWeb版限定のコンテンツがあり、それらを Ubuntu で視聴するならば、やはり対策が必要です。

  1. Flash で保護されたコンテツIDを許可
  2. 文字化け対策

この二つを施すことになります。

“Ubuntu で Hulu を視聴する” の続きを読む

Linux版Vivaldi に Flash をインストールする

最近追いかけているブラウザ Vivaldi ですが、そんなに遠くない将来に正式版が公開されるようです。

そんな Vivaldi もまだまだテクニカルプレビューで毎週公開されるスナップショットで徐々に機能が追加されたりしてカタチになっていくのが楽しいです。

ブラウジング自体は快適です。タブスタックやタブ位置の変更やタブ分割表示なども実装され、「大量のブラウジング」という点だけみれば既存のブラウザよりも使いやすいかもしれません。

そこでもっとまともに「ブラウジング」出来るように Flash をインストールしてみたいと思います。

“Linux版Vivaldi に Flash をインストールする” の続きを読む

Ubuntu で Gyao ー Google Chrome編 ー

前回の記事で、Ubuntu のFirefox で Gyao を視聴するための方法を書きましたが、今回は、 Google Chrome での視聴方法です。とは言っても、こちらは Flash が更新されていますので、User Agent の偽装で視聴自体は出来るのでお手軽です。

User-Agent Switcher for Chrome のインストール

Chromeウェブストアで「User Agent」を検索すると色々と出てきます。ボクが自分で利用していて、Gyao の視聴を確認しているのが「User-Agent Switcher for Chrome」なのでこちらで話をすすめます。

最近のアップデートで、「User Agent」に Win版とMac版の Firefox 33 が追加されていますので(以前は Firefox 15 まででした)、Gyao でこれらを選択するだけで視聴できるようになります。簡単ですね。

“Ubuntu で Gyao ー Google Chrome編 ー” の続きを読む