ラグビーのワールドカップもあるんです

9月18日〜10月31日までラフビーワールドカップ2015イングランド大会が開催されるんです。記事タイトルと書き出しが消極的なのは知名度の問題・・・。

ラグビー・ワールドカップは今回で8回目と歴史は浅い大会ですが、サッカー・ワールドカップ、夏季オリンピックに次ぐ国際大会だと主張する一つなんですね(他にもクリケットとか色々な競技が主張してます)。

日本代表はというと8大会連続出場ですが、過去7回の成績は、なんと1勝2分21敗と散々です。唯一の1勝は2回大会のジンバブエ戦です。

そんな日本代表の今大会の目標は今回も決勝トーナメント進出です。予選プールは5チームによるリーグ戦なので最低でも2勝はしないと自力での決勝トーナメント進出はかなり厳しいでしょうね。

“ラグビーのワールドカップもあるんです” の続きを読む

ラグビー8月1日からのELV対策が難しい

8月1日からIRB理事会が決定した試験的実施ルール(ELV)が実施され、秋田県の高校でも秋の花園予選にはそのルールが適用されるということなので、ELVに合わせた練習が必要になりました。

先日の土日から本格的にELV対策に乗り出したのですが、これが非常に厄介です。特に弱小チームにはいかんともし難い事態になってしまいました。

ELVの概要については

日本ラグビーフットボール協会 – ニュース – IRB理事会決定、試験的実施ルール(ELV)実施について

日本ラグビーフットボール協会 – ルール

からPDFがダウンロード出来ます。

まず、先日の練習で行ったのが、「自陣22m内に持ち込んだボールをキックし、ダイレクトでタッチを割った場合は、蹴った地点でのタッチとなる。」ということについてでした。

これまでは、SOなりが22m内に入れば、パスを受けてタッチキックしてもタッチを割った地点での相手ボールのラインアウトになっていましたが、ELVではこれがダイレクトタッチになってしまいます。

これが何が困るかというと、攻め込まれたときに簡単に陣地を回復できない(タッチキックをすると相手ボールになるが、セットプレーでリセット出来るし陣地的にも気持ちが楽になります)。キックを蹴ったとしても直接タッチを割ることが出来ないので、相手の蹴り返しやカウンターへの対応がこれまで以上にシビアになってきます。

ゲームが継続すればするほど、ラグビーへの理解力が求められるし、個対個の場面が増えてしまいます。FW対BKといったミスマッチも増えるでしょう。だからこそ弱いチームはセットプレーで仕切り直したいのに、それが簡単にできなくなったのは非常につらいですね。

いろいろと対策を考えるのに頭をかかえる日々が続きそうです。

スクラムの「オフサイドラインはスクラム最後尾の足から5m背後となる」というのも非常にディフェンスが難しくなるだろうから困ったもんです。

久しぶりに更新

ちょっと忙しくて更新が出来ませんでした・・・というか飲み会が主な原因ですが。ちょっと世の中の流れについていけてない感じです。

先週の6日(金)〜10日まで、高校ラグビーの全県総体が地元開催だったので、手伝いに行っていて非常に疲れたこともあり、未読のフィードとメールの山から現実逃避していました。

6日の午後から大会が始まり、その日は片付けをして終わったのが18時前。20時から高校時代の恩師を囲んで飲み会。風呂入って飯食ったらギリギリの時間。飲み会は深夜1時まで・・・まぁ早い方か。
7日は朝8時から17時前まで大会運営。18時から飲み会。各高校の監督、部長、協会関係者が勢ぞろい。試合終了時間から考えて飲み会を設定したのか、片付けしたらこの日も時間ギリギリ。2次会まで異状な盛り上がり。で結局、深夜1時まで。

8日はさすがに飲み会はお休み。9日はまた、「明日の10日は最終日です。頑張りましょう。そしてご苦労さん。」ということで慰労会。ぜんぜん慰労されません。むしろ疲れます。この日も深夜1時まで・・・。
10日の最終日は、みんな「疲れたぁ。今日こそは早く寝る!」と飲み会なしで解散。

大会5日間のうち3日間飲んでいました。8日に2次会に参加しなかった、ある監督に「昨日は何時まで?」と聞かれて、「1時くらいまででした。」答えたら「お前にしては早いんじゃない?いっつも2時、3時で顔腫らしてくるのに。」と・・・なんぼ飲んでるイメージなんでしょう。

もう朝5時まで飲んで、2時間睡眠で、出動、真夏日にタッチジャッチ4試合なんて愚行はしません。

この2日間で、疲れも酒も抜け、だいぶ体調が良くなってきました。あとは溜まったフィードとメールを処理して現実の生活に早く戻るようにしないといけませんね。

ラグビールール改正

すでに海外のスーパー14では試験運用されている改正ルールが、日本にも入ってきます。

ラグビートップリーグ、ルール改正13項目 – ラグビーニュース : nikkansports.com

今回のルール改正はかなり大きいものですね。

【速報】改正ルールの試用が決定!|『ラグビー魂』編集部ログ|スポーツナビ+

今季のスーパー14から試験導入されている、2008年のルール改正。
かねてからラグビーファンの注目を集めていますが
このたび、IRB(国際ラグビーボード)理事会において、
試験的実施ルールを2008年8月1日から実施するとの決定が出ました。

試験的実施を1年間行ったあと再検討などを行い2009年秋から正式採用となる寸法です。

で、ちょっと分からないのが、「スーパー14で採用していてトップリーグでは採用しないルール」とか、その逆の「スーパー14で採用していないのにトップリーグでは採用されたルール」なんてのがあるようです。

サントリーの清宮監督のブログで解説されています。

監督室317『シーズンスタート&ルール変更』
監督室318『続ルール変更』
監督室319『続々ルール変更』

先に試験的に導入されていたスーパー14をもとに5月1日のIRB理事会で決定した項目が改正項目となるのでしょうか?するとスーパー14はまたルールが変わるということなのでしょうか?よく分かってません・・・。ちょっと勉強しないといけません。

もっとも自分に関係があるのは国内ルールであって、しかも高校生条項なので、「高校生はいついつからこうなります」ってのがわかればそれでいいって話もあるわけですが・・・。

BK出身者としては、キックどーん!FWゴリ押し!トライ!ってパターンはどうにも好きになれないので、グラウンドいっぱいを使ったダイナミックでスピーディーでボールがよく動くような展開になりそうな、今回のルール改正はおもしろそうだなとは思っています。

5/31 秋田で春季早明戦

2年ぶりに春季早明戦が秋田で開催されます。前回はあまりにすごい雨にやられて途中で逃げ帰ってきましたので、今年も天気次第で観戦を考えてます。

ずっと秋田県協会の招待試合だとばかり思ってましたが、ちょっと違うようです。

第44回明治大学全国交友秋田大会記念ラグビー招待試合 春季早明戦

ということで明治大学が主催のものなのでしょうか?
確かに6月1日の試合では、

秋田県協会招待ラグビー強化試合

となっています。

2年前は協会のホームページもちゃんとしてなくて、試合開始時間なんかを調べるのに一苦労しました。なんせ、高校のラグビー部の監督やってる同級生が、県協会の知り合いに電話したら「よくわからん」と言われて、ネットで検索したらオレのブログに辿り着いたくらいですから・・・。

今年はちゃんとホームページに掲載されています。

「ちゃんと」と言えば、今回は料金設定もちゃんとしています。

前売り券より安い当日券 | BoozerBlog

これまた2年前は、当日券1日1000円で、前売りの2日間通しチケットが3000円で、2日間行っても、当日券2日連続で買った方が安いし、前売り買ったからといって特典がつくわけでもないというなぞの料金体系でしたが、今年は1日1500円のようです。2日間チケットがあるのか、あったとしていくらなのかはわかりませんが・・・これで4000円とかだったら笑うわけですが。

例によって観に行くとなれば、チケットは学校から貰えるから、オレには値段は関係ないですけどね。ただ、チケット引換に部員の引率がもれなくセットになっている予感。