Twenty Eleven 2カラム化

WordPressのデフォルトテーマ「Twenty Eleven」を使おうと思いテーマを有効化して、「テーマの設定」から2カラムを選んでみても、個別ページと、固定ページは1カラムのままという、なんとも中途半端な感じになってしまい、いっそシングルカラムで使ったろか!とも思いましたが、これまで2カラムで扱ってきてたので、どうもしっくりきません。

テーマファイルをいじればいいのはわかっていますが、なんかサクっと出来る方法ないかなぁ?と、いつもように他力本願で彷徨いていたら、救世主あらわる!!

“Twenty Eleven 2カラム化” の続きを読む

テーマを「Twenty Eleven」に変えようかなぁと思ってのテスト投稿

結構気に入って使っていたテーマがどうにも更新されないので、テーマを変更しようと思いました。あれこれ考えて探すのが面倒ってこともあって、デフォルトの「Twenty Eleven」を試してみます。

“テーマを「Twenty Eleven」に変えようかなぁと思ってのテスト投稿” の続きを読む

[US]LifehackerクローンのWPテーマ「Qawker」を試してみる

最近ブログのテーマをシンプルにしたいなぁと考えてまして、いろいろと探していたのですが、何かの記事にLifehacker[US版]がデザインを変更することが書いて有りました。その時印象に残ったのが「すべてのページをトップページ」にするという発想のようなものでした。

本来の中身とは、ボクの場合解釈が違うとは思いますが、確かに、たまに眺めるアクセス解析でもトップページよりも、記事そのものへのアクセスの方が断然に多いわけで、これまでのようにトップページをデザインして(実際はしたことはないんだけど)、記事ページのレイアウトを考えてということをする必要性が薄れてきたなとは感じていました。

そこにきて、見つけたのがLifehackerクローンのWPテーマ「Qawker」です。

非常にシンプルです。ウィジェットはフッターの1箇所ですが、メインエリアの横幅いっぱいを使うので、ここはカラムを増やしたほうが何かと使い勝手がよさそうです。また、0.16というバージョンのせいか、あるいはウチのWordPressがおかしいのか、サイドバーの記事リストから、各記事に飛ぶとブラウザのアドレスバーにパーマリンクが表示されません。

トップページのアドレス(https://www.igune.com/)にアクセスして、サイドの記事一覧をクリックしてもアドレスバーの表示は変わりません。記事タイトル下の投稿日時をクリックするとパーマリンクが表示されます。いくら「すべてのページをトップページ」として扱うといっても、これはちょっと困ります。

この手の問題だと、ボクが調べてわかるようなものでもないので、テーマの更新をしばらく待ってみるしかありません・・・。少しずつ触っていきながら、またブログの更新頻度をあげていきたいなぁと思ってます。

Links: Qawker Demo
Download: qawker.zip (v0.1.6)

WordPress 3.2 より動作環境がPHP 5.2+MySQL 5.0.15以上になるというで自環境を確認してみました

WordPress 3.2 より動作環境がPHP 5.2+MySQL 5.0.15以上へ。PHP 4 環境のユーザはバージョンアップ/移行の準備を | Odysseygate.com

朝から日本震撼のニュースが飛び込んできました(言い過ぎ)が、WordPress の動作環境がバージョン3.2から PHP 5.2 + MySQL 5.0.15 以上となることが公式ブログで発表となりました。

英語の公式ブログをチェックしてなくて、ちゃんと情報が拾えるので助かりますねぇ。

さっそく自環境の状態をチェックしてしてみました。おでさんのところでは公式に案内されているHealth Checkの利用が紹介されています。どうやらこれは、まさにこのWordPress 3.2のバージョンチェックの為に存在するプラグインのようです。また、WordPress Japan コミュニティとしては、LAMP バージョンチェッカーでもいいのではないかということも書かれています。

どっちも入ってません。というかHealth Checkは当たり前ですね。

“WordPress 3.2 より動作環境がPHP 5.2+MySQL 5.0.15以上になるというで自環境を確認してみました” の続きを読む

肥大化したwp_optionsをプラグイン「Clean Options」で掃除する

先日の Ktai Style と Permalink Redirect の記事に、Ktai Style作者のゆりこさんから解説コメントをいただき、その中でデータベースの”wp_options”に触れていたので、phpMyAdminから当該テーブルを覗いてみることにしました。

“wp_options”が800行近くある・・・。こんなもんなの?と思いつつ目的の”rewrite_rules”を探しながら眺めてみると、以前使っていたプラグインやテーマファイルの名前がみられます。え~インストールの時はDB作成するのに削除のときは、そのままなのかよぉと無知をさらけ出す。ものによってはデータベースにゴミが残るものがあるようです。

あちこちで仕入れた「このプラグインはよさそう」だとか「このテーマを使ってみよう」というモノをバンバン試しているうちに”wp_options”はとんでもないことになっていたわけです。オプション名に明らかにプラグイン名やテーマ名があるものだとphpMyAdmin上から削除していくことも出来ますが、中には名前を見ただけではどのオプションなのか、はたまた現在も使われいるのものなのかわからないものも多数。

「使ってないオプションを削除してくるようなモノはないのかねぇ?」と検索したところ、さすがWordPressあるんですね。プラグインが!

WordPress › Clean Options « WordPress Plugins

“肥大化したwp_optionsをプラグイン「Clean Options」で掃除する” の続きを読む