Google日本語入力のオープンソース版「Mozc(もずく)」を使ってみる

Google日本語入力、一部がオープンソースに – ITmedia News

Googleは5月11日、「Google日本語入力」の一部をオープンソース化した。Chrome OSのオープンソースプロジェクト「Chromium OS」に組み込む部分が対象で、プロジェクト名は「mozc」(もずく、BSDライセンス)。Ubuntu 9.10/10.04での動作を確認している。

オープンソースといっても、「Google日本語入力」のすべてがオープンソースになったわけではなくて、

Windows/Macintosh版と異なり、同IMEの特徴である、Webから自動抽出した大規模語彙辞書は含まない。同辞書にはGoogleの検索 アルゴリズムを反映するような単語の頻度情報も含まれているため、オープンソース化の対象に含めなかったとしている。

話題の部分が省かれている状態です。

まぁ現状、ATOK以外だと期待して使用するという感じではないので、今後の可能性や期待を含めてインストールしてみました。残念ながら、公式にはパッケージされたものが配布されていないので、ビルドしてパッケージ化してインストールすることになるので、開発系のパッケージをいれたりと手間がかかります。

LinuxBuildInstructions – mozc – How to build Mozc on Linux – Project Hosting on Google Code

すでに皆さんUbuntu 10.04にインストールされているようで、インストールに関する記事もかなりありますね。

ビルド〜インストールといってもLinuxBuildInstructionsにUbuntu用に書かれてあるコマンドをひたすらコピペしていけばインストールされますので、ボクのようなものにも出来てしまうわけです。

ただ、やっぱり手間と時間がかかります。あとでわかったのですが、

Mozc – Google日本語入力のオープンソース版

こちらでパッケージ化して配布してくれています。

Ubuntu 10.04向けのリポジトリはまだありません(openSUSE Build Serviceの対応待ち)
9.10用のdebでも 使えるっぽいですが、ローカルの 10.04 で作った ibus-mozc も置いときます。

ということなので、10.04でちょっと試してみようという場合にはお世話になったほうが便利でしょう。

“Google日本語入力のオープンソース版「Mozc(もずく)」を使ってみる” の続きを読む

OSSの「Songbird」がLinux版の開発を中止

Linux Daily Topics:2010年4月5日 メディアプレーヤー「Songbird」がLinuxサポートを中止|gihyo.jp … 技術評論社

Songbirdのエンジニアリング担当バイスプレジデント Georges Auberger氏は同 社のブログで「Linuxサポート中止は,Songbird創立以来,もっとも辛い決断」としながらも,「すばらしいLinuxプロダクトとして リリースしていくことは,もうできない」と宣言,現在開発中の次バージョン”NOFX”はWindows版とMac版のみのリリースになるという。 NOFXは4月末リリース予定で,MPEG-4やWMVエンコーディングのサポート,ビデオ再生機能の改善など多くの機能強化が実施されるバージョンだけ に,リリースを楽しみにしていたLinuxユーザも多かった。

OSSのメディアプレイヤーとして開発が進む度にだんだん「使える!」ものになってきていたので、Linux版が今後提供されなくなるというのは残念です。

Linuxサポート中止は「限られた開発リソースをLinux版にまわせなくなった」ことが主な理由とAuberger氏は弁明している。

確かにユーザーの絶対数が少ないLinux版へリソースを割り当てるのは大変でしょうからわからなくもないですけどね。

中には今年1月,米ラスベガスで行われたCESにて発表されたPhillipsとの提携が原因なのでは,と推測する向きもある。Phillpsは同社の MP3プレーヤーにSongbirdをバンドルすることを発表したが,Songbirdがこの移植をLinux版開発よりも優先したのでは,というもの だ。いずれにせよ,クロスプラットフォームを謳っていたOSSのプロダクトがLinuxサポートを打ち切るとは,非常に残念な話である。

むしろクロスプラットフォームでOSSであることを「ウリ」に頑張って欲しかったなぁというのが正直な感想です。

Windows版、Mac版は使ったことがないですが、Linux版はこれまでもリリースが他のものより遅かったわけですが、バージョンアップ毎にほんとにだんだんと良くなってきていたので、ウチのメインのメディアプレイヤーの有力候補だったので、選択肢が一つ減ってしまいました。

チカッパ!無事にPHP5に移行

2/6〜2/13までに順次移行ということで、ウチで契約しているサーバは、後半の2/9〜2/13が移行期間となっていましたが、最終日の2/13にようやくPHP5が使えるようになりました。切替もコントロールパネルからボタンを押すだけと簡単。とくに問題なく動いているようです。


1ヶ月あたり525円とお手頃ですし、容量も標準で1GB。MySQLが2つ持てるってのがいいです。残念ながらマルチドメインには追加料金がかかりますが、そこそこのスペックです(ドメインを複数管理したいなら少し割高になりますが「マルチアカウント」を使った方がいいです)。MySQLの1つにはメインの環境を入れておいて、もうひとつには、試してみたいツールを入れて間違って削除してもいいような状態で使っています。

これまで、PHP5じゃないので使えなかったものを少し試してみました。

“チカッパ!無事にPHP5に移行” の続きを読む

チカッパ!にSugarCRMをインストールするも画面が真っ白

結論からいうと、インストール(足りないものがあった。後述)し、ログインは出来たがログイン後タイムゾーンの設定を保存したら真っ白になって動かせませんでした。

SugarForum.jp | SugarCRMの日本語コミュニティポータル

SugarCRMは、同名の米国企業が 開発している顧客管理システム(CRM)です。無償のオープンソース版(Community Edition)と、有償のプロ版およびエンタープライズ版があります。オープンソースのCRMとして最大規模であり、ソフトバンク・テクノロジーのコー ルセンターエディションなども。国内代理店はオープンソースCRM株式会社。富士通SSLも手がけています。

今のところ顧客管理システムが欲しいということではなくて、グループウェア部分を使えないかなぁと思ってインストールを試みたわけです。

It’s Real Intelligence! 4 – チカッパにSugarCRMは乗らない模様

でも、次のデータベース設定で、敢えなく弾かれてしまいました。
SugarCRMの対応バージョンは、MySQL4.1以降。
チカッパは、MySQL 4.0.26。
UTF-8の処理の関係とかなんとか。これは、どうしようもないっす。残念。

もしかして、チカッパ!でMySQL5使えるようになったから、いけるんじゃね?と簡単に考えてました。

“チカッパ!にSugarCRMをインストールするも画面が真っ白” の続きを読む

Google Browser Syncがオープンソース化

Firefox 2までの対応で、しかも、2008年いっぱいでそれも終了してしまうことが発表されたGoogle Browser Syncがオープンソース化されたそうです。

Google Browser Sync、オープンソース化 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Googleは8日(米国時間)、Google Browser Syncをオープンソースソフトウェアとして公開したと発表した。Software Engineering Team and Browser Sync DeveloperのAaron Boodman氏は発表の中で、Google Browser Syncのオープンソース化はこれまでも計画されていたと説明している。

これは期待してもいいのでしょうか?Firefox 3で不便に感じるのが「同期」の問題でした。ブックマークだけなら代替ツールはありましたが・・・。

そこで期待を寄せたのがmozilla labsのWeaveだったわけですが、Ubuntuでは今のところ思うような動作をしてくれません。

Google Browser Syncの代替サービスとしてはMozilla LabsのWeaveが期待されたが、まだ実験的提供にとどまっている。特定のプラットフォームでは動作せず、アクセスが集中して使えないことも多い。

アクセス集中で使えないこともあるんですねぇ。

“Google Browser Syncがオープンソース化” の続きを読む