ミャンマーで日本人カメラマンが死亡

大規模な反政府デモが続くミャンマーで27日、APF通信社(東京都港区)の契約記者カメラマン長井健司さん(50)が、同国最大の都市ヤンゴンでの反政府デモの取材中に、治安部隊の発砲を受け死亡した。弾丸は心臓を貫通していたという。APF通信によると、長井さんは、25日から1週間程度の滞在予定で1人でミャンマーに入っていた。

ミャンマー取材中に邦人カメラマン死亡 – 社会ニュース : nikkansports.com

新聞、テレビでかなり大きく取り上げられている、ニュースですね。個人的には、危険だとわかっているところに自ら赴いていった結果なのだからそれほど騒ぎにしなければならないのかと思っています。

もちろん、その死の真相については究明してしかるべきです。ただニュースをみていると死を痛むコメントや記者会見などばかりでそのことにどれほどの意味があるのでしょう?特に今回のような特殊な場所での死亡について。。。

銃弾は心臓を貫通していたとのことですが、一部の番組では、肝臓から心臓を通り肩から貫通していたと言っていました。立っている人間に対してそのような傷を負わせるには相当な至近距離からでないとムリなように思います。実際、倒れた映像をみると近くに治安部隊らしき人物がいるのがわかります。

しかも、僧侶だか住民だかと思われる人達は治安部隊に追われて逃げるようにしていたのに、なぜか長井さんだけポツンと一人残っていたように見えます。

なぜ長井さんが撃たれて死亡するにいたったのか、そこら辺を突っ込んでニュースにしてもらいものですね。

畠山鈴香被告の初公判で傍聴席抽選に2000人受入れ態勢

秋田県藤里町で昨年起きた連続児童殺人事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職畠山鈴香被告(34)の初公判が12日午前10時半から、秋田地裁で開かれる。逮捕から1年3カ月。畠山被告の口から何が語られるのか。全国的に注目を集めているが、一般傍聴席はわずか25席。秋田県での裁判史上、異例の傍聴希望者数が予想され、秋田地裁は異例の2000人受け入れ態勢で臨む。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会

初公判まで逮捕から1年3ヶ月ですかぁ。長いですねぇ。
整理券の配布と抽選には八橋運動公園の球技場の駐車場を利用できるように各所にお願いしたようですね。


拡大地図を表示

無事に混乱もなく配布、抽選は行われるでしょうか。これだけの規模は秋田では初めてとのことなので、関係者の方々もえらい大変だと思います。

こういった裁判は、公判を重ねるに連れて傍聴席を求める人たちの数も減り、1年以上経って、判決・・・そしてまた注目されるというパターンが目に見えてるのが悲しいですね。メディアも一つの事件ばかり追うわけにもいかず、ジャーナリズムとしてではなく視聴率、発行部数狙いで取り上げるというのもあるかもしれませんねぇ。

出来ればこういった凄惨な事件は地元局でもいいから、細かく追いかけて欲しいものですね。「忘れてはならない痛ましい事件だ」といって最初に忘れていくのはメディアですから。

橋下弁護士vs光市母子殺害事件弁護団

山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審についてのテレビでの発言をめぐり、被告の元少年(26)の弁護団に加わる弁護士4人から損害賠償訴訟を起こされた橋下(はしもと)徹弁護士(大阪弁護士会所属)が5日、都内で記者会見を開き、「法律家として責任をもって発言した」と反論、全面的に争う方針を明らかにした。

asahi.com:橋下弁護士が改めて弁護団批判 光市事件懲戒請求問題で – 社会

そもそもの橋下弁護士の発言もなんだか、弁護士というよりは、法律知ってる学生だとかマニアが「懲戒請求」ってもんがあるんだ。知ってるか?的な発言に思えて仕方ないわけですが・・・。

個人的には、弁護団の弁護方針が差戻しでコロっと変わったのはやはり死刑逃れにしか見えないので橋下弁護士の「弁護士はそこまでやるのか」という発言には頷けます。この弁護団の方々はたしか死刑廃止論者とか、なんとかで20人くらいのボランティアによる大弁護団だったはずです。他にも事件はあるだろうに、世間の注目浴びた事件だからそれに乗っかれみたいに思えて仕方ない。ボランティアとは言えこの人数は尋常じゃないはず・・・。

少年法で死刑は認められてないとか、死刑廃止とかは別にして、差戻審で否認事件としてしまうあたりがどうにも納得できません。原審では否認していたというのも聞いたことがあるような気がしますが・・・。

と、裁判自体のことは、それぞれ思う所があるでしょう。

今回の懲戒請求した人たちは、真剣に現弁護団に対する批判や抗議として請求した人もいれば、「オレも懲戒請求してきたぞ」と話題に乗っかった人もいるでしょう。
その人たちすべてに「50万円の損害賠償の支払い」(最高裁の判例)が命じられることもあるかもしれないと思うと、そのリスクを理解した上で請求した人はどの位いるものかと思います。

もし弁護団が請求者にも賠償請求して、それが認められたら、今度は請求者が橋下弁護士に賠償請求するんでしょうかね。