紅葉の残る日本の滝百選「松見の滝」へロングトレイル

10月30日(日)、週明けの週間予報から一転の快晴。今シーズンの山歩きも紅葉も終盤ということで予てから訪れてみたかった「松見の滝」に行ってきました。

松見の滝 – Wikipedia

松見の滝(まつみのたき)は青森県十和田市にある滝。黄瀬川の上流にあり、本流の奥入瀬川との合流点から約6.5kmの国有林内に位置する。国道102号線から徒歩で3時間ほど要し、積雪のため冬期は近づけない。日本の滝百選の一つ。

滝は上下2段に分かれ、上方は白布、下方はすだれを縦にしたような外観となっている。両岸に自生する松から、滝の名が付いたとされる。

奥入瀬渓流のマイカー規制にかからないように早めの出発。

道中の国道103号、102号は山の粧いもよくドライブとしても楽しめた。

発荷峠からの十和田湖発荷峠を少し下ったところで十和田湖を一枚。

“紅葉の残る日本の滝百選「松見の滝」へロングトレイル” の続きを読む