八幡平で視界不良(人為的)そして熊とすれ違う(クルマでね)

まだ車中泊グッズを揃えていないtahatthiです。マットレスだけ購入したらオッケーというわけにはいかず、シュラフやクーラーボックスなんかも必要なので吟味中です(お財布的にもね)。

さて7月15日(土)に八幡平に行ってきました。世間的に言う3連休の天気予報で、1番良かったのがこの日で、今季まだちゃんと廻っていない、お気に入りの八幡平コースに行っておきたかったから。

あとこの日はすこぶる気温が上がる予報だったので、標高1400mを下回らない八幡平コースは多少暑さを軽減出来ると思った。

IMG_20170715_080859366_HDR.jpg

相変わらず遠方の眺めは期待できない空模様です・・・

“八幡平で視界不良(人為的)そして熊とすれ違う(クルマでね)” の続きを読む

今季初登山はやっぱり八幡平

6月11日(日)、5月末の週末から天気を伺ってましたが、毎週末の悪天候。この日も自宅では小雨が降ってましたが、駐車場で様子見してダメだったら温泉巡りにするということで決行。

8時半前に、いつもの山頂の無料駐車場に到着するも、ガスガス・・・小雨に強風・・・せっかく来たんだし頂上と話題のドラゴンアイだけでも見てこようと、クルマのなかでグタグタしながら9時に山行開始。

IMG_20170611_091115569.jpg

辛うじてドラゴンアイを見ることができました。
もう少し写真を撮ろうと思ったのですが、雨風が強まり、防水ではないスマホはポケットの中へ・・・

“今季初登山はやっぱり八幡平” の続きを読む

紅葉の残る日本の滝百選「松見の滝」へロングトレイル

10月30日(日)、週明けの週間予報から一転の快晴。今シーズンの山歩きも紅葉も終盤ということで予てから訪れてみたかった「松見の滝」に行ってきました。

松見の滝 – Wikipedia

松見の滝(まつみのたき)は青森県十和田市にある滝。黄瀬川の上流にあり、本流の奥入瀬川との合流点から約6.5kmの国有林内に位置する。国道102号線から徒歩で3時間ほど要し、積雪のため冬期は近づけない。日本の滝百選の一つ。

滝は上下2段に分かれ、上方は白布、下方はすだれを縦にしたような外観となっている。両岸に自生する松から、滝の名が付いたとされる。

奥入瀬渓流のマイカー規制にかからないように早めの出発。

道中の国道103号、102号は山の粧いもよくドライブとしても楽しめた。

発荷峠からの十和田湖発荷峠を少し下ったところで十和田湖を一枚。

“紅葉の残る日本の滝百選「松見の滝」へロングトレイル” の続きを読む

週末ハイク 森吉山と八幡平 畚岳

10月15日(土)16日(日)は久しぶりの快晴予報で、暖かいということだったので、これは紅葉を見に行くしかあるまいと思い出かけてきました。

当初は15日だけで、16日は道具のケアや Ubuntu 16.10 のインストール(まだ、やってませんがコレはまた別の記事に)をしようと思っていましたが、どうにも天気が良すぎたので急遽出かけることにしました。出発が遅くなったので駐車場の確保の都合などで軽く散策する程度になってしまいました。

“週末ハイク 森吉山と八幡平 畚岳” の続きを読む