今年は「犬」文字焼きになるそうです

ハチ公の故郷、秋田・大館で「犬」文字焼き…米映画公開で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

忠犬ハチ公のふるさと秋田県大館市で8月16日に行われる「大文字焼き」の「大」の字が、「犬」になることになった。

本家はもちろん京都なんだろうけど、大館の「大」をとって「大文字焼き」をやってるわけであります。

ハチ公を題材にしたハリウッド映画「HACHI 約束の犬」の公開に合わせた企画で、行事が始まった1968年以降、「犬」の登場は初めて。市東部の鳳凰山を舞台に、火を付けたまきで作る「大」の右上にライトを並べて演出する。

実際には「大」の字のように焼くわけではなくて、ライトを使うんですね。「ハチ公」の「ハチ」にちなんで、8時8分から8分間の点灯。

「主演のリチャード・ギアさんが大館に来れば最高」と話している。

あきらかに無理だと思われます。 “今年は「犬」文字焼きになるそうです” の続きを読む

お盆過ぎたら急に涼しくなりました

今日は雨まで降ってます。朝晩なんぞは涼しいというよりも肌寒いくらいです。これから秋になり冬になるかと思うとイヤになりますね。毎年のことながら・・・。

さてさて、皆さんお盆休みはどうだったでしょうか?自分の場合は、これまた毎年のことですが酒飲んだ記憶しかありません。正確には酒飲んで一部の記憶を失ってます。

8月9日の土曜日、高校のラグビー部の練習にいつものように出かけて、コンタクトバックを久しぶりに持たされたわけですが、腕時計や笛やらを持っていたので、それらを外してまだ体勢が整ってないうちにコンタクトされ、脇腹を自分の腕で強打したました。ミスったぁ!いてぇ!と思いながら、そのまま練習。明けた10日の日曜日、昨日の今日だから痛いのは当たり前。しかも、オレってば寝るとき右向きになるのがラクなんです。痛い方を下にして寝てました。痛いままラグビーの試合をする。痛めた場所にコンタクトがなかったので、それほど気にしていませんでしたが、火曜日になっても一向に痛み具合が変わらない。

これは打撲じゃないのでは?と思い医者にいってみたら

[tegaki]あばらにヒビがはいってました。[/tegaki]

まぁ折れてなくてよかったよと・・・。でも、「ヒビはいっている」と言われるとなんだか今まで以上に痛い感じがするから不思議です。

ヒビがはいっていようが、これから来る盆祭りは待ってはくれない。

盆祭りの準備で重いものをもったり、灯篭の回収で川に入ったりでちっともよくなりません。あと、「お疲れ〜」といっては飲んでいたのも、当然、よくないですねぇ。

病院いったら怒られそうなので、放置しておきます。そのうちくっつくでしょう。

傘がない

井上陽水の、あのとんでもない歌い出しで始まる歌のことではありません。
もっとも現在では、あてはまらない歌い出しでしょうけどね。

[tegaki]なんせ田舎の秋田県が自殺者が1番多い。[/tegaki]

本題です。傘がないんです。
今まであったところにない。とか、なくしたからないということではなくて、端からオレってば傘を持っていなかったんです。

今週の火曜日から、お盆行事の灯篭流し&送り花火のため、(送り花火のためなんですけど中身は・・・)花火を打ち上げるための資金確保に募金活動をしているわけです。地元の各家庭を個別訪問して・・・。これがあと1週間も続くかと思うと胃が痛い。だいぶ地元住民にも認知されてきたので、最初のころよりは訪問しやすいけど。

で、この募金活動、火曜日からずっと雨なんですよ。火曜日と昨日の水曜日なんてさて募金訪問しようというとき雨が降るんです。今日もこのままだと雨になりそうです。さすがに3日も雨に濡れるのもなんなんで、今日は傘を持っていこうと心に決めたんですよ。そんな大げさなことではないんだけど・・・したら、自分、傘を持っていないということに気がついたんですね。

“傘がない” の続きを読む

[大曲の花火 番外編] 強者たち

23日の夜に駐車場で入場待ちで並んでるときに3、4台前に水洗式の仮設トイレ(ちゃんと貯水タンクも積んでました)を積んだ2tトラックがいました。「なんだ水洗式も準備してくれてるのか。アレなら臭いも大分ましでいいんじゃね。」等と話していたら、なんと自分(達)専用のトイレでした。
そのトラックの前にマイクロバスがいて、そのバスに何人乗ってテント何張り使ったのかまではわりませんでしたが、その人達がわざわざ運び込んだ仮設トイレでした。

今度は違う2tトラックですが、こちらも何人で来ていたのかわかりませんが、トラックいっぱいにテントやらタープ、調理器具を満載して、まるで軍隊の作戦本部さながらの快適設備を設置していた人たちもいました。個人的には設置と後片付けが大変そうなので、持っている道具類には興味を惹かれましたが、やらないなぁ。と感心していましました。

自分たちの隣に陣取った若者4人グループ。花火の当日24日の炎天下の中、20個か30個入りの卵のパックを外に出したまま出かけていました。自分達が出かけた10時半から帰ってきた1時半まで同場所にあったし、彼らがテントに戻ってきたのが3時〜4時頃だと思うのでそれまで太陽に照らされていたと思います。確実に卵はやられてますね。ほとんど手を付けていないようだったので、もったいないこと、もったいないこと。

ウチは車中泊で車1台だったわけですが、結構テントを使っている人やバーベキューコンロを使っている人たちがいました。当たり前と言えば当たり前ですが・・・。
そして、日中はやはり買い出しに行ったり花火会場へ行って場所取りしていたようです。花火大会のときの駐車場はほとんど人はいませんでしたから。かなり無防備にほったらかしで出て行くんですねぇ。驚きました。
普通のキャンプよりも車やテントから離れる時間が長いので、もう少し荷物の管理なんかはちゃんとした方がいいのではないだろうか。「大丈夫。大丈夫。誰もとらねぇよ。」と、みんないい人と思っているのはちょっと危険だなぁと。
もっともウチも車に鍵かけているとは言え窓割られたりしたら一緒なんですけどね。

[大曲の花火 その5] 帰りの道中

花火が終わって、寝る準備をして11時半には就寝です。寝不足だったし、散々ビール飲んでましたから、かなり気持ちよくなっていたので半ばダウン気味の就寝でした。

明けて25日(日)曇天・・・せっかくエマージェンシーブランケットを東のドア側に貼り付けたのに必要なかった感じです。どの位の効果があるか実感したかったのに・・・。それでも8時半までゆっくり寝ていられたのでよかったです。
周りはずいぶんと車の数が減っています。

そんなに急いで帰る必要もないので、とりあえず朝食の「カップラーメン」。それと夕べつまみしようとして買ってきたイカの姿焼きを炙り直して片付けます。
ダラダラと帰り支度を始めます。周りのテントを畳んでる人たちが何やら重労働をしているように見えて仕方なかった。「疲れてるだろうに、テント畳んで積み込みかぁ。大変だなぁ。」などと・・・。

ゆっくり片付け(そんなにないけど)をして、10時半頃に駐車場を後にしました。市内はまだ道路が混んでいます。もっとも都市部の人たちにとったら、そんな風には思わないかも知れませんけど・・・。

さて今日の目的地は「風呂」です。汗拭きシートなんかで汗を拭いているとはいえやはり風呂に入ってさっぱりしたい!
そこで帰り道からそんなにルートがずれない角館の温泉に行くことにしました。

角館の街中にあるはずという情報だけで角館の街中に突入。よくわからずぐるぐる回っていると「角館温泉 花葉館 11km」の看板が・・・そんなに遠かったか?

拡大地図を表示

看板を頼りに花葉館で無事入浴。すこぶるさっぱりしました。次は昼食です。カップラーメンやつまみしか口にしていない(花火当日の焼肉は忘れてください)ので食事らしい食事をしようということになり、角館の街中に戻ることしました。そこでも目的地の駐車場を中々探せず、ウロウロしていたら当初、入浴するつもりだった「かくのだて温泉」を発見。時既に遅し・・・。

車を停めて、一通り武家屋敷のある通りを散策・・・後で知ったんですが武家屋敷の中みるのは有料だと思ってましたが、むしろ有料の所の方が少ないんですね。まったく興味がないから知りませんでした。
温泉にも入ったし結構歩いたしで、かなり腹が減ってきたので、蕎麦と稲庭饂飩の店に入りました。

足りなかった・・・。その後で食べた「大たこ焼き」でお腹を満たしました。
その後、無事に帰宅した次第であります。荷物を片付けて部屋に戻ったのが6時過ぎでした。結構の長旅となり疲れましたが、満足度の高い旅でした。