Ubuntuの音声がおかしい

ことの発端はSkypeで通話していると、相手の声が遠いということだった。最初は音量が単純に上がっていないだけかと思っていたが、どうもそうでもないようだ。100%まで上げてもやはり遠い・・・。

CDやらmp3といった音声ファイルを再生したり、aviとかの動画を再生させてみると、ボーカル部分だけが極端にレベルが低い。「ミュージック」部分は十分に大きな音が出ている。
なぜか人の「声」だけが遠くで聞こえている。

いくら980円のヘッドセットだからって、ヘッドセットのせいではないだろう・・・。

前に、FedoraCore5をインストールした時には(インストールしたのは別のPCだけど)、サウンドテストがあってそいつで音が出れば大丈夫だった。あとはまったく音のでないものはコーデックの関係で・・・そのPCもサウンドはオンボードだったし、今、音がおかしいといっているPCより古いやつだから、何か設定とかデバイスの選択みたいなものが間違っているのではないかと思うけど、音量調整やらサウンドやらのメニューは何度も見直しているがわからない。

きっと単純なことなんだろうなぁ。
じっくりいじって行きましょう。

現在、2台のPCにUbuntuをインストールしています。

  1. P3-1GHz メモリ512MB GeForce6200系128MB(PCI)
  2. P4-1.8GHz メモリ512MB

サウンドはどちらもオンボード。

明らかに1の方が使用感に優れています。どちらもBerylは動きますが、グラボのあるなしでは、その動きに雲泥の差があります。恐るべしグラボの威力。
もっともシステムモニタをみると、1の方はCPUの使用率がやっぱり高いです。見た目的にはサクサク動いていますが内情は必死といった感じです。2の方はさすがに描画には時間がかかりますがCPUにはかなり余裕があるといった感じで、起動さえしてしまえば、サクサク動いてくれます。BitTorrentなんかで2、3つダウンロードさせても、アップアップはしませんね。

1番のメモリ喰いがFirefoxってのが納得いきませんねぇ。1番使うアプリが1番メモリ喰ってると・・・。Opreaもいいんだけど、Google先生がもうちょっとOperaと仲良くしてくれないと、おそらく移行するのは難しいでしょうな。

Ubuntu7.0.4調整中

Ubuntu7.0.4をインストール後にあれやこれやと調整中です。
基本的にFirefoxの設定さえしてしまえば大概のことは出来るようになるので、まず最初はFirefoxをこれまでと同じ環境に復元するということをしました。

その後、コレが動いたらいいなぁというWindowsアプリあったので、wineを入れてみました。単順にwinアプリインストールしただけでは起動できず(インストールはすんなり出来た)、dellをコピーしてやらないといけないということが判明。
どうにか起動にこぎつけましたが、ツールバーのボタンが表示されません。マウスオーバーでボタン名が出るのでなんとかなります。機能自体もしっかり動いているので、とりあえずはこれでヨシとます。

ここまでくれば、ほとんどの作業がUbuntuで可能になります。このPCは仕事で使用するのでマルチメディア系は、画像処理くらいあれば必要ないので、そこら辺は今のところ必要ありません。なにせ、DVDにコピーするようなデカイデータを扱ったりしませんから。

次にやるべきことは「見た目」の変更です。といっても自分にとってのキモはfontです。日本語セットアップヘルパにも、日本語フォントがありますが、ここはやはり、M+ と IPAフォントの合成フォントをインストールしましょう。
綺麗なひらがな、カタカナフォントのM+にIPAフォントを組み合わせたものです。以前は、日本語にローマ字を組み合わせたり、かな漢字の普通の文書を打つと、文字自体はすごく綺麗なのだけれど、ベースラインが揃わないことがあって多少波打つことがありましたが今のところそのような症状は見えず満足しております。
インストール後に、UbuntuのフォントとFirefoxのフォントを変更してやります。これですっきりキレイで見やすくなります。

あとは、得意のぼちぼちと・・・気付いたときに設定してやります。

Ubuntuのインストールや設定などについては、
Viva! ubuntu Magazine
が非常に参考になります。特に、コマンドを使わずにGUIで操作をすることを前提にされているようなので、初心者の方(自分も含めて)には非常にありがたいと思います。

Thunderbird 2公開。Gmailの設定がラクに。

4/19公開のThunderbird 2を早速インストールしてみました。最近メールはGmailFirefoxで利用していたのでメールクライアントは久しぶりに使うことになります。Gmail以外のメールも転送してGmailから送受信出来るようにしていました。迷惑メールフィルタが秀逸だからです。

さてThunderbird 2ですがGmailの設定がユーザー名とパスワードの入力だけでOKということで早速設定してみたら受信でない。何やら「POPが許可されていないよ!」みたいなメッセージがでます。

Gmailの設定からPOPを有効にしてやらないといけないのですね。確かにラクですねぇ。これでGmailのラベルも引き継げればもっとラクなんですけどねぇ。

Thunderbird 2のタグ機能も興味がありますが、受信メールにいちいちタグ付けするという作業は自分には向きませんねきっと。

気が向いたらThunderbird 2を細かく設定してみます。メールクライアントの方がイイこともたくさんありますから。ただ、使うPC全てに同じ設定して拡張いれてやるのかと思うとイヤになりますなw

WordPressが重くなってきた

重くなってきたのは管理画面の方で、blog自体の表示はさほど変わってません。原因としてはおそらくプラグインが増えたことでしょう。とりわけUltimateTagWarrior関連がMySQLにとって重荷になっているのではなかろうかと。

ロリポップのMySQLは遅いってのはよく耳にしますから尚更かもしれません。レンタル料を考えればあまり文句も言ってはいられないわけですが、ちょっとイラつきます。

とにかく投稿が完了するまでがやたらと時間がかかるようになりました。MySQLのタイムアウトっぽいエラーが出ることもしばしば(エラーの中身がよくわかってないのがツライわけですが)、記事自体は投稿されているいるのでまだいい。

対処法としては

  1. レンタルサーバーを変える
  2. UltimateTagWarriorをやめる
  3. タグを外部サービスに任せる

“WordPressが重くなってきた” の続きを読む

WordPressの今後の設定メモ

この2,3日で大分WordPressもまともなってきた。といっても見た目ではなくて管理面だったりするわけです。見た目の方もこれからいじっていかないといけないわけですが、それより先に管理面というか設定というかを見直していかないとならないので現在の問題点などなど・・・

  • MTからコレまでの記事をインポートしたのはいいが、MT時代に自分のblog内で過去記事にリンクしていたもののurlを変更してやらないといけない。一つずつ見ていくしかないんだろうなぁ・・・
  • カテゴリーの並び順をなんとかしないといけない。親子関係だったり名前順だったり・・・。インポートを使ってるからカテゴリーIDで調整ってのは無理っぽい。カテゴリーID振り直し出来たらいいのに。

主に新規で使わなかったことに由来する問題を先に処理してやらないといけないと思う。