Clementineのプレイリストの背景でアルバムカバーが選べるようになってた

Amarok 1.4の操作性や外観を模して開発の続いている Clementine Music Playerを最近はメインのメディアプレイヤーとして使っています。動作も軽くUbuntuのサウンドメニューにも対応していて非常に使いやすいです。

難点を上げるとすれば、パネルの背景色が「茶色」ってこととイコライザーのメモリがふらていないことくらいでしょうか?あ、あとこれはClementineというよりUbuntuとQtの関係ですが、フォントがあまりキレイじゃないです(Otアプリ全般で同じことが言えます)・・・12.04では、そのあたりも対応されるといった記事をどこかでみたような気がしますので、12.04公開まであと1ヶ月を切りましたので期待して待つことにしましょう。

1.0が公開されてそれほど経っていないはずです。ボクはずっとdev版を使っているのでStable版の状況がよくわかっていません(汗)ちなみにdev版のインストールは今ならUbuntu Tweakを使うと簡単ですね。

“Clementineのプレイリストの背景でアルバムカバーが選べるようになってた” の続きを読む

「Clementine 0.6」がシンプルでなかなかよいぞ

ずいぶん久しぶりの更新になりましたが、今回のネタは、Ubuntuでの音楽管理アプリであります。

10.04の時に入れてみたClementineが0.6にバージョンアップされたということを、u-bonさんのリニューアルされた、LiberOSで知りました。

音楽管理ソフト「Clementine 0.6」がリリース。かなりイイ感じの仕上がりに!! | LiberOS

以前に入れていた、0.5.3は、メニューも英語ということを差し引いてもさほど使いやすさを感じませんでした。たしかに、Amarok1.4ルックで将来性は期待できましたが・・・。

“「Clementine 0.6」がシンプルでなかなかよいぞ” の続きを読む

Amarok 2.3.2 “Moonshine”にアップデート

しばらく音楽プレイヤーはBansheeを常用していてAmarokはインストールしてはいたもののほとんど使ってませんでした(ホントはKアプリは入れないつもりでしたが、他で使う必要がでたので一緒に入れておきました)。

先日のアップデートで2.3.2が入っていたので、久しぶりに起動させてみました。

Amarok 2.3.2 “Moonshine” released | Amarok

“Amarok 2.3.2 “Moonshine”にアップデート” の続きを読む

山崎まさよし、1年3ヶ月ぶりのニューシングル「HOBO Walking」発売

HOBO Walking(初回限定盤)(DVD付)

山崎まさよしの1年3ヶ月ぶりのニューシングル「HOBO Walking」が発売されていました。

「デビューから15年を経た自分をそのままうたった」という、すべての頑張っている人に共感間違いなしの“叙情レゲエ”ソング!!

予約するのを忘れたので、昨日、注文しました。またしても「初回限定版」の魔力に負けてしまいました。

やっぱり埋め込みをさせてくれるオーガスタは素敵ですねぇ。

Rhythmboxにサードパーティのプラグインを追加してみる

※情報が古くなっていますので、下記を参照してください。
RhythmboxのCoverArtプラグインが32bit版でも使えるようになった

Ubuntu 10.04 LTSにしてから、なんとなくKアプリを入れるのをやめようかなと思う。お世話になっていたのはAmarokとKtorrentがメインでKtorrentはたまにしか使っていなかった。どうしてもGNOMEとの一体感がなかったり、とにかくKDE関連のパッケージがごっそり入ってしまうのが気になっていたので、今回は使わないことにしてみました。

Amarokをインストールしないことにしたので音楽プレイヤーを選択しないといけません。(選択肢のひとつであったSongbirdがLinuxではお亡くなりなってしましました「OSSの「Songbird」がLinux版の開発を中止」)おそらくBansheeに落ち着くことになりそうですが、ここまずデフォルトで搭載されているRhythmboxを久しぶりに使ってみることにします。

いつの間にかプラグインにリプレイゲインが入り、今流行りのコンテキスト・パネルが表示できるようになっていました。歌詞表示は歌詞表示プラグインで所得先を全部チェックしないと使い物になりませんでした(もちろん洋楽。日本語歌詞表示のプラグインは別に必要)。

“Rhythmboxにサードパーティのプラグインを追加してみる” の続きを読む