ver.2になってインストールしやすくなった「Adobe AIR 2」

AIRアプリは最近使うことがなくってきていたし、登場当初より話題にあがることが少なくなっていたので、Ubuntu 10.04にはインストールしていませんでした。twitterクライアントををウェブベースのHootSuiteに変えたことがAIRから離れた大きな原因かな。

そんなわけですっかり疎くなっていましたが、最近になりようやく「AIR 2」になっていることを知りました。

Adobe、「Flash Player 10.1」と「AIR 2」の正式版をリリース – ITmedia エンタープライズ

米Adobe Systemsは6月10日(現地時間)、「Flash Player 10.1」と「Adobe AIR 2」の正式版をリリースしたと発表した。それぞれのWindows、Mac、Linux版が、Flash PlayerのサイトAIRのサイトからダウンロードできる。なお、両ソフトのAndroid向け正式版は6月中に公開する予定。

もうひと月以上も前のことだったんですねぇ。「Flash Player 10.1」になったのは知ってましたが・・・。

“ver.2になってインストールしやすくなった「Adobe AIR 2」” の続きを読む

Linux版 Adobe AIR 1.5再インストールその後

結論からいうと無事に再インストールができました。ディレクトリやファイルをいくら削除してもインストールできないはずです。パッケージのカスが残っていたせいなんだから・・・。

しかも、βから正規版にしたらも何も、1.5がでたのはもう1年くらい前のことなんだから、とっくに1.5使ってたわけだし、いろいろ見当違いで恥ずかしい。

そもそも、AIRを削除してしまったのは、何気にUbuntuの「不要パッケージの管理」を使ってしまったから。これってパッケージマネージャ以外からインストールしたものもリストされるんですね。

なにも考えずに整頓したのがまずかった。AIRと一緒に導入される”adobe-certs”というパッケージが削除しきれなかったようです。

“Linux版 Adobe AIR 1.5再インストールその後” の続きを読む

Linux版Adobe AIR 1.5 インストールエラー

先日、間違ってAdobe Airを削除してしまったので、再インストールしようとしたらエラーでインストール出来ずにいます。

システム管理者ってのは当然ボクのことなんで、問い合わせも何もねぇ。

どうやら、以前に利用していたのはβ版で、今回インストールしようとしたのが正規版という場合には、エラーが出るようだということまでは分かりました。

上記を参考にAir関連のディレクトリやファイルを削除してみましたが、まだ削除しきれていないものがあるのか、結局同じエラーでインストール出来ていません・・・。

これはもう、1ヶ月待ってUbuntu9.10にしてから入れ直したほうがラクそうです。