Amarok 2.2.0ではEQが使えないのでUbuntu自体にEQを適用する

2010年最初のエントリーになりました。今年も細々とやっていきたいと思います。
正月休みは、もう朝から飲んだくれてやろうと思っていましたが、2日は午前中、雪かき。3日は屋根の雪下ろしと、すっかり大雪にやられてしましました。また今晩あたりから荒れるようで、思いやられます。

さて、雪かきに時間は取られてはしまいましたが、せっかくの連休です。部屋の整理をしたり、PC内のデータやサーバのデータの整理をコツコツとやっていました。そういった作業にはBGMが欠かせない(?)ということでAmarokでガンガン再生させていたわけですが、最近復活させたタイムドメインminiは低音が弱いので、もうちょっとなんとかならないかなと思った次第です。あまりズンズンさせる必要はありませんが。

Amarok 2.2.0ではまだイコライザが使えないようです。もしかしたら何かしらパッケージを追加したり設定したりすることで利用できるかもしれませんが、あまり面倒なこともしたくありません。

まだイコライザのところがグレーアウトされています。

“Amarok 2.2.0ではEQが使えないのでUbuntu自体にEQを適用する” の続きを読む

Amarok 2.2でCDをエンコード

最新のAmarokのバージョンは2.2.1のようですが、ウチのは2.2.0です。
UbuntuでCDをmp3にエンコードする時には、Rhythmboxで挿入したCDの取り込みをすれば簡単に行うことが出来るわけですが、デフォルトでは取り込みのビットレートが128kbpsでちょっと低いです。これを変更するには、設定で「GStreamer のパイプライン」を変更してやる必要があります。

エンコーダのLameのコマンドを指定するということらしいのですが、コマンドがわからないので調べないといけないし、どのくらいが、そこそこの音なのかというの試すのも面倒です。

とにかくコマンドという呪文を使いたくないというのが本音です。

そこでAmarokです。たしか2.0のときはエンコードどころかCDの再生が出来なかったような気がします。
それが今は(2.2.0では)、CDは自動認識されるようになったし、エンコードも出来るようになっています。何を使ってエンコードしようか色々起動しているウチに偶然気がつきました。

“Amarok 2.2でCDをエンコード” の続きを読む

Amarok 2.2を利用するために行ったメモ

Amarokでようやく音が出るようになり、せっかく音が出るようになったので、しばらくはAmarokで行ってみようと思います。

さて、音が出るようになるまでに結構なKDE環境が導入されましたので、ちょっとメモしておこうと思います。Kubuntuだとすんなり音が出るんでしょうか?

“Amarok 2.2を利用するために行ったメモ” の続きを読む

Ubuntu 9.10(Karmic Koala)でAmarokの音を出す

Ubuntu 9.10(Karmic Koala)インストールその後

ウチの記事でも書いたように、Amarokをインストールしてもmp3の音が出ない。9.04と同様の対策をしても音が出ない。今回は別の対策が必要でした。

[SOLVED] amarok has no sound in ubuntu 9.10 – Ubuntu Forums

やっぱり同じことに悩んでる人はいるんですね。フォーラムに解決策がありました。

How to play MP3 files (add MP3 support) in amarok? [ubuntu]

こちらが参照元のようです。

  1. sudo apt-get install libxine1-ffmpeg
  2. sudo apt-get install kubuntu-restricted-extras

ウチの場合はすでに”ubuntu-restricted-extras”は導入済みだったので、”libxine1-ffmpeg”のみで音が出るようになりました。

まだまだAmarok 1.4の人気も高くダウングレードしてインストール人もいるようですが、ボクは新しモノ好きなので2.0系で行きますよ。

ところで1.4だとカバーマネージャでアマゾンを利用してロケーションまで選択できるという素敵な機能はまだ使えるんでしょうか?前にも書いたと思いますがアマゾンのAPIが変更になってるからやっぱりダメなんでしょうね。

2.0系は自動取得してくれるんだけど、どっから取ってきてるかはわかりませんねぇ。邦楽はやっぱり取ってきてくれないので個別設定ですね。もっとも邦楽はほとんどありませんが。

Amarok 2の音が出せるようになりました

ようやく”Amarok 2″の音が出るようになったので、メモ(これまで”amarok”と表記してたけど公式なんかみると”Amarok”になっているので今後はこちらで統一。バージョン番号は半角スペースをいれます)。

Ubuntu9.04でamarok2の音がやっぱりでない

で書いた手順までは行っていて、その後どうにかならないものかとイジった結果なので正確なところはわかりません。

  1. Synapticよりphonon-backend-xineをインストール
  2. 「追加と削除」から「system settings」をインストール(インストール後、ログアウトか再起動しないと設定メニューが表示できない?)
  3. 「System Settings」の「全般タブ」の「マルチメディア」で「バックエンド」で、”GStreamer”より、”Xine”の方を優先度を上げる(ウチでは”Xine”かなくて、この状態で音が出なかった)

ここまで行うと音が出るようになることが多いようですが、ウチではダメだったので、諦めかけて、別のアプリのことで「追加と削除」を眺めていたら、

「動画プレイヤー(Xine バックエンド)」なるものを発見。とりあえずダメ元でインストールすると、見事、音が出るようになりました。「Xine バックエンド」の切り替えがうまくいってなくて、「動画プレイヤー」のインストールで強制的に切り替わったような感じです。バックエンドの切り替えさえ出来ればきっとインストールしなくてもよかった思いますが・・・。

とりあえず音が出るようになったということでよしとします。

“Amarok 2の音が出せるようになりました” の続きを読む