「compcache」を入れてみたが、やはり1GBメモリでは効果を体感できなかった

圧縮RAMディスクをスワップ領域として利用する「compcache」でNetwalkerに根性を注入。昔のマシンもサクサク動くかも? | Viva! Ubuntu!!

いつも何かとお世話になっているこちらのサイトで紹介されいて、最後の方に、

んんんんん、無性に古いマシンが欲しくなってきた!!(^_^;;;;;

という記述がありました。
ならば、ベータ版をインストールしてある「古いマシン」に入れてみようではないか!

Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Buildを実機にインストールしてみました

【FMV C9/160L】

  • CPU Pentium4 1.60GHz
  • メモリ 1GB(増設)

先日ウチで使ったマシンに入れてみます。(手順の方は上記のubonさんの記事を参照)

まずはビルドが面倒だったので(ビルド嫌とか言う時点でLinux使いっぽくない。イヤイヤ時代は変わったのです!)、debianのメンテナのページからdeb版をとってきてきてインストールしてみました。

最新版は、原稿執筆時で「compcache-0.6.2」。私が試してみた限りではUbuntuではうまく動かず、「0.5.4」を用いてみたところ、複数の環境で動作が確認できました。

とあり、deb版は0.6.2なので、ダメだろうなとは思っていましたが、やはりダメでしたw

“「compcache」を入れてみたが、やはり1GBメモリでは効果を体感できなかった” の続きを読む

パソコンが逝きそうなので急遽購入に踏みきりました

自宅でほぼネット専用機となっているUbuntu 9.04をいれてあるPCの電源部がかなり怪しくなり、何度もメインスイッチをパチパチしないと電源が入らなくなり、完全に逝ってしまうのも時間の問題といった状況です。

なんせこのPC、CPUはPen4 1.8GHzでメモリは512MBという結構な代物。ただ、ネットしたり音楽流したりする分には、遅いけどそんな我慢できないほどってことはないので、(これが使えてるのはUbuntuのおかげかな)まぁ行けるところまで行こうかなと・・・。それにお金の問題もあるしねw

ところが今回の電源問題発生。対処法としては電源を探して取り換えるというのがコスト的にもっともリーズナブル。ただ、すでに拡張の先がないPCをチマチマいじっても仕方ないので、いっそ取り換えることにしました。

時間の猶予もあまりなさそうだし、予算の問題もある。PCの場合上を見たらきりがないので、きっちり予算5万円で、色々と購入方法を考えてみる。

“パソコンが逝きそうなので急遽購入に踏みきりました” の続きを読む

デル日本法人のWebがFirefoxに正式対応

デル日本法人のWebサイトがMozilla Firefoxに正式に対応した。これまではトップページなどは閲覧できたが、発注ページはInternet Explorerしか対応していなかった。

デルのWebサイトがFirefoxに正式対応、3年前からの依頼実る − @IT

やっとかぁ。といった感じですね。Linux+Firefoxで利用する機会が多いのでIE専用というのは非常に困りますからね。

8月24日付けのデルの「サイト使用条件」にはIE、OperaとともにFirefoxの名称がある。

とありますが、正確にはいつから対応したのでしょう?7月20日のうちの記事にFirefoxでも何時の間にかみれるようになってる。なんてのがあります。発注ページというのがどこを指すのかわかりませんが、この時はカスタマイズページを使うことは出来ていました。それ以前は「IEをお使いください」のメッセージが出ていたはずです。

デルは「ユーザー側のサポートや安全性、安定性を考えると、発注画面で利用するWebブラウザはメインストリームのブラウザでないと不安があった」と説明。国内でもFirefoxのシェアが高まり、利用が広がってきたことで対応したと語った。

メインストリームのブラウザでないと不安があった。ってデルともあろう御方が。。。デルクラスなら不安を取り除いて対応してもよさそうですが?まぁFirefox使ってるヤツ少ないし面倒だからいいんじゃね?って感じがしますねw

デルPCのリカバリーイメージ内蔵ってのはどうにかなりませんかねぇ?HDD逝ったらディスク交換後はリカバリー出来ないし、LinuxがメインでWinあればというときに仮想化として遊べないないし。リカバリーはやっぱり別メディアになってるのがいいですねぇ。

LenovoでもデスクトップPCでLinux販売

中国のLenovoは米国で8月6日(現地時間)、ノートパソコンの「ThinkPad」で、Windowsの代わりにLinuxを搭載した機種の販売を本格的に開始すると発表した。米Dellも5月から搭載機を売り出しており、デスクトップパソコン分野でもLinuxの普及が進みそうだ。

Open Tech Press | Lenovo:Linux搭載のThinkPad 本格的に販売へ

ワークステーションではなくデスクトップパソコンでもLinux搭載機を販売するようです。日本やアジアでは2007年末くらいに販売になるようです。

Dellもヨーロッパや中国でも販売するようです。また、九十九電機では中古パソコンにSUSEを搭載した機種を販売していましたがさらにTurbolinuxを搭載した機種も販売することにしたようです。

各所でLinux搭載PCが販売されるようになってきたなぁという感じですが、九十九の中古PCは別として価格はどうなんでしょうね?Dellがubuntuを搭載して販売したPCは同性能のWin機より1万円程度しか安くなかったように記憶しています。

その程度の価格差なら、サポートがあるとはいえわざわざ、難儀なLinuxを購入する必要性もないように思えます。個人的にはWin機を購入して好みのディストリをマルチブートや仮想化(LinuxでWinを仮想化)してLinuxメインで利用するというのが、いいのかなと。

いずれにせよ、販売されるPCにいろんなOSが搭載されるのはいいことですね。マイクロソフトの殿様商売になんとか歯止めをかけてくれればと思います。ムリっぽいけど・・・。