CompizなしでCairo Dockを使う

先日のエントリーで、「GNOME Do」でテーマを利用するには基本的にCompizを有効にして透過処理が出来る状態じゃないといけないので、Compizを有効に出来ない場合には、他の”まじない”をしてみるといいかもしれないということを書きましたが、この”まじない”は「Cairo Dock」でもご利益がありました。

「Cairo Dock」はCompizを有効にしていない状態でも使えることは使えますが、その時にはドックの背景が黒くなり見た目によろしくないので、実質使い物になりません。

そんな時に、GNOMEの標準ウィンドウマネージャ(?)である”Metacity”のコンポージング機能を有効にして、背景透過処理が出来るようにしましょうというものです。この時、透過処理の他に、ウィンドウの影も表示されるようになります。

“CompizなしでCairo Dockを使う” の続きを読む

「GNOME Do 0.8」にドックテーマ搭載

「GNOME Do」が0.8になり、”Docky”というテーマを選択することでドックとしても使うことも可能になりました。

使えるプラグイン増量中! 直感的にDockから使える『GNOME Do 0.8』 : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

『GNOME Do』 + 「Docky」 = 無敵のアプリ起動バッテリー : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

ウチでは「Ubuntu Tweak」を使ってリポジトリを追加してあるのですが、アップデートがかからず、パッケージからインストールしました。

ちなみにUbuntu8.10(Intrepid)のリポジトリはこちら。

deb http://ppa.launchpad.net/do-core/ppa/ubuntu intrepid main
deb-src http://ppa.launchpad.net/do-core/ppa/ubuntu intrepid main

インストールの詳細はWikiにあります。

Installing Do – GNOME Do Wiki

パッケージからのインストールならこちら。

GNOME Do – Download

“「GNOME Do 0.8」にドックテーマ搭載” の続きを読む

動作が軽快でアクションも豊富になった「Cairo Dock 2.0」

Ubuntuでドックアプリとして利用している「Cairo Dock」が2.0へバージョンアップが進んでいるようです。現在の最新版は”2.0Beta2.1”ですので、もう少しで正式版になるでしょうか?

「Cairo Dock 2.0」ですが、これまで以上に軽快に動くようになっていました。また、アイコンアクションも増えて見た目を自分でかなりいじれるようになっています。

動画は”alpha2”の様子ですが、これまでよりも動きが多彩になったのがわかると思います。ウチであんまりいじってなかったから多彩になったようにみえるだけ?

“動作が軽快でアクションも豊富になった「Cairo Dock 2.0」” の続きを読む

cairo-dockのバージョンアップ

先日から動かないと騒いでいたcairo-dockがどうにか動くようになった。

端末から起動させてみると

warning :  (cairo-dock-modules.c:cairo_dock_preload_module_from_directory:251)
Attention : Attention : while opening module ‘/usr/share/cairo-dock/plug-in/libcd-xfce-integration.so’ : (libthunar-vfs-1.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory)
warning :  (cairo-dock-keyfile-manager.c:cairo_dock_update_conf_file_with_list:248)
Attention : キー・ファイルにはグループ ‘Applets’ のキー ‘modules_0’ がありません
cairo_dock_update_conf_file_with_list: assertion cOldComment != NULL' failed
warning :  (cairo-dock-keyfile-manager.c:cairo_dock_update_conf_file_with_list:248)
Attention : キー・ファイルにはグループ 'Applets' のキー 'modules_1' がありません
cairo_dock_update_conf_file_with_list: assertion
cOldComment != NULL’ failed
warning :  (cairo-dock-keyfile-manager.c:cairo_dock_update_conf_file_with_list:248)
Attention : キー・ファイルにはグループ ‘Applets’ のキー ‘modules_2′ がありません
cairo_dock_update_conf_file_with_list: assertion `cOldComment != NULL’ failed
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_boolean_key_value:193)
Attention : キー・ファイルにキー ‘animate on auto-hide’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_integer_key_value:244)
Attention : キー・ファイルにキー ‘max autorized width’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_string_key_value:346)
Attention : キー・ファイルにキー ‘indicator image’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_double_key_value:295)
Attention : キー・ファイルにキー ‘indicator ratio’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_boolean_key_value:193)
Attention : キー・ファイルにキー ‘link indicator’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_integer_key_value:244)
Attention : キー・ファイルにキー ‘indicator deltaY’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_boolean_key_value:193)
Attention : キー・ファイルにキー ‘mix launcher appli’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_boolean_key_value:193)
Attention : キー・ファイルにキー ‘overwrite xicon’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_string_list_key_value:550)
Attention : キー・ファイルにキー ‘modules_0’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_string_list_key_value:550)
Attention : キー・ファイルにキー ‘modules_1’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_string_list_key_value:550)
Attention : キー・ファイルにキー ‘modules_2’ がありません
warning :  (cairo-dock-config.c:cairo_dock_get_string_key_value:346)
Attention : キー・ファイルにキー ‘raise shortcut’ がありません
Segmentation fault (core dumped)

と延々と警告が出されてしまったわけですけど、なんのことやらさっぱりなわけです。
ただ上の方に、

(libthunar-vfs-1.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory)

というのがあって「libthunar-vfs」ってのがないのが原因かも・・・とインストールしてみる。cairo-dockのインストール時に依存関係は満たされていると表示されるから、足りないパッケージがあるとかではないような気がするけど・・・。

結局これでも動かない・・・。とりあえずcairo-dockのインストールがうまくいっていないのかもしれないので(うまくいってないから動かないわけだけど)、一旦アンインストール。

ここで、ふと考える。アンインストールしても設定ファイルはどうなってる?
で、ホームディレクトリの隠しファイルを表示してみる・・・「.cairo-dock」がありますねぇやっぱり。これを削除して改めてcairo-dockをインストールすると見事起動。長かった・・・。

起動はしたがまたしても問題発生。ドックの背景が黒い帯状になってしまう。背景の設定とかなのかよく分からん。

試しにUbuntu7.10のcairo-dockも古いバージョンなので1.5.5.2にしてみる。パッケージをダウンロードしてインストールするとやはり動かない。同じ警告が出るので、今までと同じ手順でインストールしてみる。

  • libthunar-vfs関連をインストール(これはホントに関係あるのか謎・・・。)
  • cairo-dockをアンインストール
  • ホームディレクトリの「.cairo-dock」を削除
  • cairo-dockを改めてインストール

無事に完了。7.10では背景が黒い帯状になることはない。
ということは、おそらくcompizの絡みか?8.04をインストールしたPCではオンボードのグラフィックでcompizが動かせないでいる。

UbuntuのドックアプリをCairo-Dockに替えてみた

エメラルドのテーマの追加方法について調べているときに、独学Linuxで紹介されてるドックを見つけたのでインストールしてみた。

UbuntuのDockをOSXそっくりにする方法
とくにOSX風にしようと思ったわけではなくて、これまで使っていたAWNが動作に若干もたつきがあるので、どの程度動くのか試す意味合いもあってインストールしてみました。

インストールについては独学Linuxにあるように、
BerliOS:Cairo-Dock – Files
から.debパッケージをとってくればいいので簡単です。
インストールしてからパッケージマネージャでcairo-dockで検索したらインストール済みとして出てきたので、それでもいけるかも?いけませんでした。

内蔵されてるいるテーマを色々試してみて表示のされ方がMacOSXがシンプルで動き方も好みだったのでそれ程いじる必要がないことから選択。アイコンはOSXじゃなくてもいいんだけど・・・Mac使ってないからアイコンみただけでピンとこない。

とりあえず MacOSXのテーマに入っているマルチメディア系のランチャをとっぱらって、PrismのGmailとWordPressの投稿画面を追加。あとgFTPとか・・・。これに名前をつけておきました。

さて、動き方とか反射表示とか試してみたいと思って、設定画面を開いてみたものの・・・よくわからん・・・というか表示はデフォルトしかなくて、選択の余地なし。

Cairo-Dock – Community Ubuntu Documentation
をみても、そもそも設定画面の構造が違うんですけど?タブ形式になんてなってないんですけど?

そのうち誰かが解説してくれることを期待することにしますw

動作についてはドック自体が今の設定だと重いということもなくキレイに動いているし、ランチャの追加方法は理解できたので、しばらく使ってみようと思います。