Linux版 Adobe AIR 1.5再インストールその後

結論からいうと無事に再インストールができました。ディレクトリやファイルをいくら削除してもインストールできないはずです。パッケージのカスが残っていたせいなんだから・・・。

しかも、βから正規版にしたらも何も、1.5がでたのはもう1年くらい前のことなんだから、とっくに1.5使ってたわけだし、いろいろ見当違いで恥ずかしい。

そもそも、AIRを削除してしまったのは、何気にUbuntuの「不要パッケージの管理」を使ってしまったから。これってパッケージマネージャ以外からインストールしたものもリストされるんですね。

なにも考えずに整頓したのがまずかった。AIRと一緒に導入される”adobe-certs”というパッケージが削除しきれなかったようです。

“Linux版 Adobe AIR 1.5再インストールその後” の続きを読む