Movable Type用 WYSIWYGエディター

世界の中の1%の人々へ: 今日の研究:Movable Typeにプラグインとして組み込んで使用するWYSIWYGエディター、Ajaxify: EnhancedEntryEditing日本語版公開

Movable Type用 WYSIWYGエディター

 

編集画面がWYSIWYGエディターになって機能が豊富になります。感じとしは以前使ったことのあるHTMLArea3.0rc-1を組み込んだのに似てるか?
MT用のプラグインなので、当然、pingもトラックバックも送れるし、登録してあるトラックバックなんかの送信も出来る。しかも、表作成も出来ちゃいます!すごいですね~でも、「引用」ボタンがないっすね。

ただ、ウチの環境だと重いです。もっさりしてます。ちょいと残念です。

それと、あくまで編集画面の拡張プラグインなので、一度ログインしないといけない。bookmarkletとかで一発呼び出し出来ると便利かも・・・

軽くなって、一発起動が出来るようなAjaxify: EnhancedEntryEditing日本語版か、Performancing for Firefoxがもうちょっと細かい機能が増えていくのかいいのか・・・

いや~便利になると、さらに欲が出てきますね。 Ajaxify: EnhancedEntryEditing日本語版でtagが簡単に設定できたらとか自分で作れないのに欲は絶えませぬ。

スタイルシートをどうするか?MT3.2

MovableTypeを3.2にバージョンアップして、 StyleCatcher plugin をインストールしてスタイルを変更してみたわけですが、コレは便利ですね。スタイルシートを書くのが覚束ない者にとってはありがたいです。

いろいろスタイルを物色した結果、Miranoさんのところの Movable Type 3.2 導入手順と同じものになってしまいました。決してパクったわけではありませんよ。インストールの参考にしたのは、 Movable Type 4989ですので・・・

で、なんなのかといいますと、StyleCatcher plugin でこれかから増えていくであろうスタイルを物色したいわけですが、その場合、スタイルシートを直接いじってはまずいわけで(直接いじれるかはわかりませんが)、例えば、現在ウチのサイトではトラックバック・ピープルを表示させているわけですが、こいつの中身が他のサイドバーと見え方が若干異なっています。これを他と同じ見栄えするにはスタイルシートを追加しないといけないわけで、すると、StyleCatcher plugin で他のスタイルに変更した時にはまた手直しが必要になるのではなかろうか?と素人は考えているわけです。

結局、ワタシがどうしたいのかいいますと、テンプレートの編集はインデックスとかエントリー・アーカイブだけで、スタイルシートはいじりたくないよ。というこなのです。スタイルシートがササッと書き換えられるスキルがあれば苦にならないのでしょうけど・・・

MT 3.2-ja-2 バージョンアップで失敗

長いこと放置していたこのブログ・・・いつまでも放置しておくのも勿体無い!意を決して3.15-jaからバージョンアップを敢行!

ものの見事に失敗orz…mt-check.cgiまではうまく行きました。って、今までMT動かしてたんだから当たり前ですが・・・インストール(アップデート)に進みません。何度やっても同じなので、一度、全てを削除してアップロードし直しです。今度はちゃんと動きました。原因は不明・・・

それでもアーカイブもテンプレートもしっかり元通りだったので一安心したのもつかの間!StyleCatcher pluginなるスタイルを簡単に変更できるプラグインがあるということで、スタイルシートが未だに未熟者にはもってこいだと導入し試してみたら、スタイルシートが適用されませぬ。

思えば、これまではHINAGATAさんにお世話になっていたので、仕組みがデフォルトとは異なるためではなかろうか?ではでは、デフォルトのテンプレートに戻しましょう。戻りません。スタイルシート読みません。

MySQLか!きっとそうだ!一度削除してアップロードしても同じなのだからおそらく間違いないだろう・・・でも、MySQLのどこいじったらいいかわからないぞ~ということでテーブル全削除という荒業に!もう一度インストールして無事MT 3.2-ja-2は起動。

当然、これまでのエントリーもカテゴリーも何もありません。アーカイブフォルダは残しているので復旧が出来るのであれば、いずれ復旧を試みるつもりですが、どうなることやら・・・

かくして三度目のBoozerblogとあいなりました。
“MT 3.2-ja-2 バージョンアップで失敗” の続きを読む