Xfceを導入

デュアルモニタにしているUbuntuのウィンドウマネージャをXfceに替えてみました。インストールはパッケージマネージャで「xfce」で検索して適当に見繕って。

Xfceを使うのは初めてではありません。思えば、Windowsを使っていたときに、BB Leanという互換シェルを利用し、そのシンプルさと右クリックからどこでもメニューを呼び出せるという機能がマウス派のボクを魅了したのでありました。その後、Fedoraを使ってみたときにも軽いウィンドウマネージャということでXfceを選択し、またしても右クリックからメニューを開けることに悦に入ってました。

どいうわけかUbuntuをメインに使うようになってからはXfceをインストールしてはみるもののデフォルトのウィンドウマネージャにすることはありませんでした。おそらくnautilus依存の機能に頼っていた部分が大きかったり、Dropboxが対応していなかったりしたせいだと思います。

“Xfceを導入” の続きを読む