山崎まさよし、1年3ヶ月ぶりのニューシングル「HOBO Walking」発売

HOBO Walking(初回限定盤)(DVD付)

山崎まさよしの1年3ヶ月ぶりのニューシングル「HOBO Walking」が発売されていました。

「デビューから15年を経た自分をそのままうたった」という、すべての頑張っている人に共感間違いなしの“叙情レゲエ”ソング!!

予約するのを忘れたので、昨日、注文しました。またしても「初回限定版」の魔力に負けてしまいました。

やっぱり埋め込みをさせてくれるオーガスタは素敵ですねぇ。

You TubeにWarner復帰

YouTube、Warner Musicの復帰でブランディングに屈する

今年1月、Warner Music GroupはYouTubeに対して、サイトからWarnerの楽曲をすべて削除することを余儀なくさせた。ロイヤルティー支払いに関するトラブルが原因だ。これがユーザーたちの怒りを買い、YouTubeが、Warnerの曲をBGMに使っているユーザー作成コンテンツの音を消したり削除したりし始めると、抗義ビデオを作ってアップロードした。本日(米国時間11/12)これらの楽曲が、この世界最大のビデオポータルで息を吹き返し始める。MadonnaやGreen DayやBee Geesらのミュージックビデオが、約1年ぶりにYouTubeで見られるようになった。

ということで、ボクもよく聴くMadonnaとGreen Dayの動画が見られるようになったわけです。ただ、

しかし、YouTubeを見慣れたユーザーにとって、この新しいビデオはどこか違和感がある。どのビデオにも大がかりなブランディングが行われていて、背景はカラフルでアーティストの作品への大きなリンクもある。Warnerのみが、これをやる権利を持っている、なぜなら交渉の 結果、他のコンテンツパートナーよりも遥かに自由にページを操ることのできる契約を結んだからだ。Warnerは、独自のブランディングができるほか、自 らのミュージックビデオだけでなく、同社の曲が使われているユーザー作成コンテンツについても独自に広告を販売することができ、収益の大半がWarner に渡る(YouTubeにも分け前は入る)。

とかなり「特別待遇」。ユニバーサルだってブランディングしていない。だってそれがYou Tubeなんだもんなぁ。TechCrunchにもあるように、

他のコンテンツオーナーたちもやりたくなるに違いない。もしYouTubeがそれを認めれば、ユーザーは現在の比較的統一されたサイトのレイアウトを失い、(かつての)MySpaceを思い起こさせる物を見ることになってしまう。

なんてことになったらちょっといやですねぇ。MySpaceのことはしりませんが。 “You TubeにWarner復帰” の続きを読む

山崎まさよし、ウコンの力の新CMソング「春も嵐も」

「ウコンの力」のCMが春バージョンになり、今回も出演は「福耳」でCMソングは「山崎まさよし」と個人的には何ともウレシイ限りです。

  • 明日の元気篇
  • おいしいカシスオレンジ篇

CMソングは4月1日発売の春も嵐もですが、You Tubeで一足早くPVで楽しむことが出来ます。

“山崎まさよし、ウコンの力の新CMソング「春も嵐も」” の続きを読む

オフィスオーガスタがYouTubeにチャンネル開設

オフィスオーガスタといえば、山崎まさよしじゃないですか!いや、スガシカオとかもいるけど、ボクにとっては、山崎まさよしの所属ってことで、もう充分です。

Going My Way: オフィスオーガスタが YouTube の専用チャンネルで所属アーティストの PV 配信を開始

こちらの記事で知りました。いつも良かったよ。これでもう少しYouTubeを利用する機会が多くなりそうです。

しかも、このofficeaugusta’s Channelでは単純にPVの視聴が出きるだけではなくなんと!embedも出きるんです!ボクの登録チャンネルにはユニバーサルなんかも登録されているんだけどこちらはembedは出来ません。

これからはブログなんかで好きなアーティストの楽曲を大手を振ってPV付きで紹介してもいいってこってす(こってすは昨日で終わったか・・・)。ついでに商品紹介もして売れたら掲載者も、アーティストもウマーになるかな?

現在、「ウコンの力」のCMソングになっている山崎まさよしの「Heart of Winter」。山崎まさよし曰く「暮れの元気なご挨拶」だそうです。

“オフィスオーガスタがYouTubeにチャンネル開設” の続きを読む